元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

森岡亮太<中>アンデルレヒトへ行って変わったのは走りの質

公開日: 更新日:

 ハリルホジッチ日本代表の攻撃系MFの中で、ベルギーでプレーする森岡亮太(アンデルレヒト)はただ一人、ロシアW杯の最終予選を経験していない。今季ベルギーで急成長を遂げ、一気にW杯メンバー入りの追い込みをかける存在である。1月末にはベルギーの中堅ベフェレンから同国屈指のビッグクラブに移籍した。背番号10をつけてリーグ制覇、欧州CL出場を目指す男に新天地について聞いた。

「冬の移籍期間中の1月28日に話が舞い込んできました。(移籍市場が1月末日に閉じるまで)残り数日、本当にギリギリのタイミングでした」と森岡は電撃移籍の裏側を打ち明けてくれた。

「アンデルレヒト以外に他国からも(移籍)話がありました。そこで判断基準になったのが『それぞれの国のリーグのトップクラブに行きたい』という思い。神戸から移籍したポーランド1部ヴロツワフは毎年最下位みたいなクラブ。ベフェレンは、有能な監督が指揮していて僕自身も伸び伸びとプレーさせてもらいましたが、欧州の舞台を狙えるようなチームではない。やはり強豪でやってみたかった」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  6. 6

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  7. 7

    「官邸官僚」の嘘と罪 ゲーム感覚で権力振るうモンスター

  8. 8

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  9. 9

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  10. 10

    男子ゴルフツアーでクーデター 大量41人が青木体制に“NO”

もっと見る