元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代―99年ワールドユース準優勝と日本サッカーの10年 (SJ sports)」「「いじらない」育て方~親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃2 プロサッカー選手のジュニア時代」など。

森岡亮太<中>アンデルレヒトへ行って変わったのは走りの質

公開日: 更新日:

 ハリルホジッチ日本代表の攻撃系MFの中で、ベルギーでプレーする森岡亮太(アンデルレヒト)はただ一人、ロシアW杯の最終予選を経験していない。今季ベルギーで急成長を遂げ、一気にW杯メンバー入りの追い込みをかける存在である。1月末にはベルギーの中堅ベフェレンから同国屈指のビッグクラブに移籍した。背番号10をつけてリーグ制覇、欧州CL出場を目指す男に新天地について聞いた。

「冬の移籍期間中の1月28日に話が舞い込んできました。(移籍市場が1月末日に閉じるまで)残り数日、本当にギリギリのタイミングでした」と森岡は電撃移籍の裏側を打ち明けてくれた。

「アンデルレヒト以外に他国からも(移籍)話がありました。そこで判断基準になったのが『それぞれの国のリーグのトップクラブに行きたい』という思い。神戸から移籍したポーランド1部ヴロツワフは毎年最下位みたいなクラブ。ベフェレンは、有能な監督が指揮していて僕自身も伸び伸びとプレーさせてもらいましたが、欧州の舞台を狙えるようなチームではない。やはり強豪でやってみたかった」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る