元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

森岡亮太<中>アンデルレヒトへ行って変わったのは走りの質

公開日:

 ハリルホジッチ日本代表の攻撃系MFの中で、ベルギーでプレーする森岡亮太(アンデルレヒト)はただ一人、ロシアW杯の最終予選を経験していない。今季ベルギーで急成長を遂げ、一気にW杯メンバー入りの追い込みをかける存在である。1月末にはベルギーの中堅ベフェレンから同国屈指のビッグクラブに移籍した。背番号10をつけてリーグ制覇、欧州CL出場を目指す男に新天地について聞いた。

「冬の移籍期間中の1月28日に話が舞い込んできました。(移籍市場が1月末日に閉じるまで)残り数日、本当にギリギリのタイミングでした」と森岡は電撃移籍の裏側を打ち明けてくれた。

「アンデルレヒト以外に他国からも(移籍)話がありました。そこで判断基準になったのが『それぞれの国のリーグのトップクラブに行きたい』という思い。神戸から移籍したポーランド1部ヴロツワフは毎年最下位みたいなクラブ。ベフェレンは、有能な監督が指揮していて僕自身も伸び伸びとプレーさせてもらいましたが、欧州の舞台を狙えるようなチームではない。やはり強豪でやってみたかった」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

もっと見る