• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

原口元気<上>「クラブでダメならあの監督には呼ばれない」

 3月27日のウクライナ戦(リエージュ)に左FWで先発した原口元気(デュッセルドルフ)は「1年4カ月ぶりの代表ゴール? 決められると思う」と自信を持って臨んだが、守備に忙殺されてシュートを打つこともままならなかった。ロシアW杯最終予選序盤の4試合連続ゴールでハリルホジッチ前監督から絶大な信頼を得てきた男も、長期間のノーゴールに焦燥感を募らせている。そんな原口を現地で取材した。

 ◇  ◇  ◇

 マリ戦(同)に続いて行われたウクライナ戦は最前線に杉本健勇(C大阪)、右FWに本田圭佑(パチューカ)、トップ下にMF柴崎岳(ヘタフェ)という攻撃陣で挑んだ。原口に巡ってきた最初のチャンスは開始5分、柴崎がカットし、本田が入れたクロスに飛び込んだ場面だったが、うまくヒットできなかった。後半に得意のドリブルで強引に持ち込んで相手のファウルを誘ったものの、シミュレーションを取られてしまう。献身的な守備や豊富な運動量は相変わらずだったが、87分間のプレーは不完全燃焼に終わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  5. 5

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る