元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

原口元気<上>「クラブでダメならあの監督には呼ばれない」

公開日:

 3月27日のウクライナ戦(リエージュ)に左FWで先発した原口元気(デュッセルドルフ)は「1年4カ月ぶりの代表ゴール? 決められると思う」と自信を持って臨んだが、守備に忙殺されてシュートを打つこともままならなかった。ロシアW杯最終予選序盤の4試合連続ゴールでハリルホジッチ前監督から絶大な信頼を得てきた男も、長期間のノーゴールに焦燥感を募らせている。そんな原口を現地で取材した。

 ◇  ◇  ◇

 マリ戦(同)に続いて行われたウクライナ戦は最前線に杉本健勇(C大阪)、右FWに本田圭佑(パチューカ)、トップ下にMF柴崎岳(ヘタフェ)という攻撃陣で挑んだ。原口に巡ってきた最初のチャンスは開始5分、柴崎がカットし、本田が入れたクロスに飛び込んだ場面だったが、うまくヒットできなかった。後半に得意のドリブルで強引に持ち込んで相手のファウルを誘ったものの、シミュレーションを取られてしまう。献身的な守備や豊富な運動量は相変わらずだったが、87分間のプレーは不完全燃焼に終わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る