• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

繊細な一面も 日ハム清宮の「プロ初打点」がもたらす効能

 清宮幸太郎(18)が12日、西武との二軍戦で公式戦初打点を挙げた。

 もっとも、打点は犠飛によるもの。復帰後3試合はいまだ無安打で、一塁守備では牽制球をお手玉するシーンもあった。

 一軍でバリバリ活躍するためには、まだまだ課題が残る一方、一軍は中軸のアルシアが10日に死球を受けた影響で2試合連続で欠場。この日はソフトバンク相手に4安打の完封負けを喫するなど、得点力不足に泣いた。栗山監督は去る11日に左打者不足の現状を嘆き、清宮をすぐにでも昇格させたいと言わんばかりに「結果はどうでもいい。打てば使う」と話した。

 もし早い段階で一軍に昇格することになれば、よりハイレベルな投手と対戦しなくてはいけない。

 清宮はあまり周囲に弱音を吐くことはない。堂々としているところがありつつも、ナイーブというか、繊細な一面も持ち合わせている。たとえば主将を務めた高校3年のU18では打率.219、2本塁打と結果を残せず、チームも3位に終わった。試合後は「打てない中でも4番で使っていただいた。もう少し打って、恩返しができていればよかった。主将としてなかなか貢献できなかった」と、涙を流していた。

 1打点とはいえ、プロで初めて数字を残した。気持ちの面で一服の清涼剤になればいいが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る