ミス続出の阪神 原因はコーチに甘い金本監督の指導力欠如

公開日: 更新日:

 阪神は先発のメッセンジャー(36)が、二回途中に球審への暴言行為で退場処分。序盤にエースを欠く誤算もあり、広島に完敗した。

 開幕から11試合を消化し、6勝5敗の2位タイは上出来といえる。というのも、ここまで草野球みたいなつまらないミスが続出しているからだ。象徴的なのは10日の広島戦だった。初回の無死一、二塁で糸井の右翼への大飛球を二走の高山が見失いタッチアップできず、三回には重盗を試みた二走の西岡が途中で止まり、一走の糸井が憤死。五回には、丸の二ゴロを西岡が二塁へ悪送球し、併殺崩れで追加点を許した。その裏、ロサリオの長打に一走の糸井が全力疾走を怠りホームでアウト。

 この試合は広島投手陣の自滅にも助けられ4―3で勝ったものの、金本監督は「これでよく勝てたなと思う。こういうプレーしても勝てるんだと、絶対思ってはいけない」と言って怒りを抑えていた。目立ったミスはこれだけではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

もっと見る