ミス続出の阪神 原因はコーチに甘い金本監督の指導力欠如

公開日:  更新日:

 阪神は先発のメッセンジャー(36)が、二回途中に球審への暴言行為で退場処分。序盤にエースを欠く誤算もあり、広島に完敗した。

 開幕から11試合を消化し、6勝5敗の2位タイは上出来といえる。というのも、ここまで草野球みたいなつまらないミスが続出しているからだ。象徴的なのは10日の広島戦だった。初回の無死一、二塁で糸井の右翼への大飛球を二走の高山が見失いタッチアップできず、三回には重盗を試みた二走の西岡が途中で止まり、一走の糸井が憤死。五回には、丸の二ゴロを西岡が二塁へ悪送球し、併殺崩れで追加点を許した。その裏、ロサリオの長打に一走の糸井が全力疾走を怠りホームでアウト。

 この試合は広島投手陣の自滅にも助けられ4―3で勝ったものの、金本監督は「これでよく勝てたなと思う。こういうプレーしても勝てるんだと、絶対思ってはいけない」と言って怒りを抑えていた。目立ったミスはこれだけではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る