ミス続出の阪神 原因はコーチに甘い金本監督の指導力欠如

公開日:  更新日:

 阪神は先発のメッセンジャー(36)が、二回途中に球審への暴言行為で退場処分。序盤にエースを欠く誤算もあり、広島に完敗した。

 開幕から11試合を消化し、6勝5敗の2位タイは上出来といえる。というのも、ここまで草野球みたいなつまらないミスが続出しているからだ。象徴的なのは10日の広島戦だった。初回の無死一、二塁で糸井の右翼への大飛球を二走の高山が見失いタッチアップできず、三回には重盗を試みた二走の西岡が途中で止まり、一走の糸井が憤死。五回には、丸の二ゴロを西岡が二塁へ悪送球し、併殺崩れで追加点を許した。その裏、ロサリオの長打に一走の糸井が全力疾走を怠りホームでアウト。

 この試合は広島投手陣の自滅にも助けられ4―3で勝ったものの、金本監督は「これでよく勝てたなと思う。こういうプレーしても勝てるんだと、絶対思ってはいけない」と言って怒りを抑えていた。目立ったミスはこれだけではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る