審判部の慣例破り決断 貴乃花親方“巡業外し”協会の思惑

公開日: 更新日:

 1日から始まった大相撲春巡業に、帯同予定だった貴乃花親方(45)が直前になって外された。

 貴乃花親方は弟子の暴行に加え、無断欠勤など一連の騒動の責任を取り、委員からヒラの親方へ2階級降格。4月からの職務分掌では審判部に配属された。

 審判部の親方衆は巡業に帯同するのが慣例とされている。それが巡業前日の3月31日に突如、「やっぱり、こなくていい」となったのだ。

 春日野巡業部長(元関脇栃乃和歌)は「自分の部屋を見てもらった方がいいから」と説明。ある親方は「部屋の風紀を引き締めろということでしょう」と、こう話す。

「貴乃花親方は角界でもごく少数の通い親方。自宅が部屋とは別の場所にあるので、常に弟子の素行に目を光らせることはできない。当然、師匠の目が届かないときは野放し状態になる。貴公俊が年上の付け人を殴り、あまつさえ『部屋に戻ったら覚えてろ』と言い放ったのは、そんな部屋の風紀と無関係ではない。そもそも、日馬富士の暴行事件からというもの、角界全体が暴力に敏感になっている。そんな時期に支度部屋で殴るなんて、暴力が常習化していると思われても仕方がない。朝稽古が終わったら即帰宅するのではなく、徹底的に部屋の風紀を叩き直せ、という協会の指示ですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  3. 3

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  7. 7

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

  8. 8

    「感染列島」が予見したコウモリの毒性と人工呼吸器不足

  9. 9

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  10. 10

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

もっと見る