• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

審判部の慣例破り決断 貴乃花親方“巡業外し”協会の思惑

 1日から始まった大相撲春巡業に、帯同予定だった貴乃花親方(45)が直前になって外された。

 貴乃花親方は弟子の暴行に加え、無断欠勤など一連の騒動の責任を取り、委員からヒラの親方へ2階級降格。4月からの職務分掌では審判部に配属された。

 審判部の親方衆は巡業に帯同するのが慣例とされている。それが巡業前日の3月31日に突如、「やっぱり、こなくていい」となったのだ。

 春日野巡業部長(元関脇栃乃和歌)は「自分の部屋を見てもらった方がいいから」と説明。ある親方は「部屋の風紀を引き締めろということでしょう」と、こう話す。

「貴乃花親方は角界でもごく少数の通い親方。自宅が部屋とは別の場所にあるので、常に弟子の素行に目を光らせることはできない。当然、師匠の目が届かないときは野放し状態になる。貴公俊が年上の付け人を殴り、あまつさえ『部屋に戻ったら覚えてろ』と言い放ったのは、そんな部屋の風紀と無関係ではない。そもそも、日馬富士の暴行事件からというもの、角界全体が暴力に敏感になっている。そんな時期に支度部屋で殴るなんて、暴力が常習化していると思われても仕方がない。朝稽古が終わったら即帰宅するのではなく、徹底的に部屋の風紀を叩き直せ、という協会の指示ですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る