• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

審判部の慣例破り決断 貴乃花親方“巡業外し”協会の思惑

 1日から始まった大相撲春巡業に、帯同予定だった貴乃花親方(45)が直前になって外された。

 貴乃花親方は弟子の暴行に加え、無断欠勤など一連の騒動の責任を取り、委員からヒラの親方へ2階級降格。4月からの職務分掌では審判部に配属された。

 審判部の親方衆は巡業に帯同するのが慣例とされている。それが巡業前日の3月31日に突如、「やっぱり、こなくていい」となったのだ。

 春日野巡業部長(元関脇栃乃和歌)は「自分の部屋を見てもらった方がいいから」と説明。ある親方は「部屋の風紀を引き締めろということでしょう」と、こう話す。

「貴乃花親方は角界でもごく少数の通い親方。自宅が部屋とは別の場所にあるので、常に弟子の素行に目を光らせることはできない。当然、師匠の目が届かないときは野放し状態になる。貴公俊が年上の付け人を殴り、あまつさえ『部屋に戻ったら覚えてろ』と言い放ったのは、そんな部屋の風紀と無関係ではない。そもそも、日馬富士の暴行事件からというもの、角界全体が暴力に敏感になっている。そんな時期に支度部屋で殴るなんて、暴力が常習化していると思われても仕方がない。朝稽古が終わったら即帰宅するのではなく、徹底的に部屋の風紀を叩き直せ、という協会の指示ですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る