古葉竹識氏が衣笠祥雄氏悼む「苦渋の決断理解してくれた」

公開日:

「衣笠の突然の訃報に接し、信じられない気持ちです。現役時代、『鉄人』といわれた選手があまりにも早過ぎます。79、80年と広島は連続日本一になった。セ・リーグでのシリーズ連覇はこのときのカープが最後だ。衣笠と山本浩二がチームを引っ張り、ナインをまとめてくれたおかげでした。79年5月28日、衣笠の連続フルイニング出場が日本記録(三宅秀史、現在は三宅培司の700試合)にあと22で途切れた。試合前の打率は・198。打撃不振に苦しんでいた。監督の私にとっても苦渋の決断だった。ただ、野球は団体競技。チームの勝利、優勝、日本一が最大の目的だ。一生懸命に応援するファンも見ている。本人はつらかったろうが、理解してくれたと思う。今はただありがとうという気持ちでいっぱいです」

(古葉竹識・元広島監督)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る