古葉竹識氏が衣笠祥雄氏悼む「苦渋の決断理解してくれた」

公開日: 更新日:

「衣笠の突然の訃報に接し、信じられない気持ちです。現役時代、『鉄人』といわれた選手があまりにも早過ぎます。79、80年と広島は連続日本一になった。セ・リーグでのシリーズ連覇はこのときのカープが最後だ。衣笠と山本浩二がチームを引っ張り、ナインをまとめてくれたおかげでした。79年5月28日、衣笠の連続フルイニング出場が日本記録(三宅秀史、現在は三宅培司の700試合)にあと22で途切れた。試合前の打率は・198。打撃不振に苦しんでいた。監督の私にとっても苦渋の決断だった。ただ、野球は団体競技。チームの勝利、優勝、日本一が最大の目的だ。一生懸命に応援するファンも見ている。本人はつらかったろうが、理解してくれたと思う。今はただありがとうという気持ちでいっぱいです」

(古葉竹識・元広島監督)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  2. 2

    安倍昭恵夫人の“奇抜ドレス”「即位礼正殿の儀」をブチ壊し

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    DeNA筒香が大打撃…侍メンバー漏れでメジャー挑戦に暗雲

  5. 5

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  6. 6

    南アに“ジェイミー流”で屈辱ノートライ W杯4強逃した背景

  7. 7

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  8. 8

    CS出場なのに…阪神“蚊帳の外”侍Jに選出ゼロという悲哀

  9. 9

    ラグビー協会に内紛…ジョセフHC続投に“慎重論”で大迷走

  10. 10

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る