名参謀抜けた広島 後任コーチ吐露した本音と菊池への注文

公開日:

 リーグ連覇の広島がオープン戦でパッとしない。

 22日現在、2勝7敗2分けで11位。中でも、昨季リーグトップだった盗塁が6つと、12球団中2番目に少ない。

 しょせんオープン戦だ。いずれも優勝した16年は8勝6敗2分けで6位、翌17年は4勝11敗2分けで11位だった。が、その2年間と大きく異なるのは、優勝に貢献したコーチ2人が抜けたところだ。

 石井打撃コーチと河田外野守備走塁コーチが同じセ・リーグのヤクルトへ移籍。ヤクルトでは、選手と積極的にコミュニケーションを取りながら褒めて伸ばす「河田メソッド」が浸透しているが、今季から河田コーチの後任を務める広瀬純外野守備走塁コーチ(38)は冷静だ。

「確かに2連覇の後はキツイけど、河田コーチだけが本当にすごいなら、(03年に一軍打撃コーチ補佐、04~15年に外野守備走塁コーチを務めた)西武はずっと強かったはず。河田コーチのやり方がうちの選手たちに合っていて、教えをきちんと吸収できたということ。だから、ヤクルトでも同じことができるとは限らない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る