【寄稿 小川邦和】衣笠祥雄は弱者に優しく、ときに厳しく

公開日: 更新日:

 19日のDeNA対巨人戦のテレビ中継を見ていて、アレッと思った。解説の衣笠祥雄の声がかすれていたからだ。「どこか体調でも悪いのかな」と心配していたところでの訃報である。驚きを禁じ得ない。

 私が広島で衣笠と同じユニホームを着たのは81年から83年の3年間。すでに衣笠はカープだけでなく、セ・リーグを代表する打者だったが、普段は物静かな、温厚な選手だった。

 味方の選手が大事なところでミスをしても、顔色ひとつ変えない。まして批判したり、文句を言ったりもしない。特に若手や立場の弱い選手に対しては優しかった。

 しかし、単に優しいわけではない。厳しさもあった。後に先発、救援で活躍する大野豊がオープン戦でふがいない投球をした。大野を呼ぶと、「ボール球ばかり投げるな。打たれても構わないから、逃げないでどんどん攻める投球をしろ!」と叱咤激励していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  4. 4

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  5. 5

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

  6. 6

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

  7. 7

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  8. 8

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  9. 9

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

  10. 10

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

もっと見る