元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

松井大輔<1>「W杯は初戦に照準を合わせるのが何より重要」

公開日: 更新日:

 ロシアW杯本番2カ月前のハリルホジッチ監督解任――。この前代未聞の出来事は日本サッカー界全体に大きな衝撃を与えた。2010年南アフリカW杯16強戦士の松井大輔(横浜FC)も少なからず驚きを覚えたという。「でも代表は1週間で変われる可能性がある。南アの時がそうだった。自分たちを信じてひとつにまとまって戦うしかない」と修羅場をくぐった男は現代表にエールを送った。

 ハリル前監督の口癖だった「デュエル」という言葉の重要性を誰よりもよく知るのが、フランスで9年間過ごした松井だ。

「フランスでデュエルは当たり前。世界基準を踏まえて日本に足りない部分だと考えたから、ハリル監督はこの言葉を強調したんだと思います。ただ、日本人はパワーや体格ではどうしても外国人に劣る。別の角度からアプローチする必要もあったのかもしれない」と彼はしみじみ語る。西野体制になってデュエルがどこまで重視されるのか、どんな戦い方をするのか、いずれにしてもチームはひとつにまとまらなければ勝てない。それは南アで岡田武史監督(現FC今治代表)率いる日本が示したことだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  3. 3

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  6. 6

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  9. 9

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  10. 10

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

もっと見る