4241日ぶり白星が自信に 中日松坂「中6日ローテ入り」志願

公開日: 更新日:

「チームが苦しい時にこれだけたくさんの人が入ってくれる中で、久しぶりの勝利を味わうことができ、最高です」

 30日のDeNA戦に先発した中日松坂大輔(37)が6回1失点で西武時代の2006年以来12年ぶりに勝利を挙げた。ナゴヤドームには今季最多となる3万6606人が詰めかけ、笑顔で大歓声に応えた。

 日本復帰後最速の147キロをマークする一方で、8四死球を与えるなど再三ピンチを招いた。五回表終了時に森監督から降板を促されたが、松坂は「投げることしか考えてなかった」と自ら続投を直訴。粘りの投球で勝利を手繰り寄せた。「1勝してくれればいいなという感じで獲得した。十何年ぶりに同じユニホームを着て、あいつがドラゴンズのユニホームを着て1勝してくれた」と森監督も感慨に浸った。

 この1勝は本人にとって自信になっただろうが、あくまで通過点。「今後は間隔を詰めて投げたい」と話したように、ゆくゆくは先発ローテ入りし、中6日で先発登板することを目標に置いている。その意思はすでに首脳陣に伝えているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  3. 3

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  4. 4

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  5. 5

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  6. 6

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  7. 7

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る