4241日ぶり白星が自信に 中日松坂「中6日ローテ入り」志願

公開日: 更新日:

「チームが苦しい時にこれだけたくさんの人が入ってくれる中で、久しぶりの勝利を味わうことができ、最高です」

 30日のDeNA戦に先発した中日松坂大輔(37)が6回1失点で西武時代の2006年以来12年ぶりに勝利を挙げた。ナゴヤドームには今季最多となる3万6606人が詰めかけ、笑顔で大歓声に応えた。

 日本復帰後最速の147キロをマークする一方で、8四死球を与えるなど再三ピンチを招いた。五回表終了時に森監督から降板を促されたが、松坂は「投げることしか考えてなかった」と自ら続投を直訴。粘りの投球で勝利を手繰り寄せた。「1勝してくれればいいなという感じで獲得した。十何年ぶりに同じユニホームを着て、あいつがドラゴンズのユニホームを着て1勝してくれた」と森監督も感慨に浸った。

 この1勝は本人にとって自信になっただろうが、あくまで通過点。「今後は間隔を詰めて投げたい」と話したように、ゆくゆくは先発ローテ入りし、中6日で先発登板することを目標に置いている。その意思はすでに首脳陣に伝えているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る