8年ぶりG戦完封勝利 阪神“伊予ゴジラ”秋山は打撃も技あり

公開日:  更新日:

 東京ドームに「伊予のゴジラ」が蘇った。

 8日の巨人戦で8年ぶりの完封勝利を挙げた阪神の秋山拓巳(27)。セ1位のチーム打率を誇る好調巨人打線から9個の三振を奪う投球も圧巻だったが、それ以上にファンを沸かせたのが野手顔負けの打撃だった。

 二回1死満塁の好機で適時左前打を放つと、四回の第2打席ではなんと本塁打。それも、巨人先発山口俊が投じた144キロの外角高めを流し打って左翼スタンドに放り込む技ありの一発である。

 愛媛の西条高時代は1年秋から4番を打ち、高校通算48本塁打。そのパワーと飛距離で「伊予のゴジラ」の異名をとり、投手より打者として評価するプロのスカウトも少なくなかった。

 阪神には投手としてドラフト4位で入団。高卒1年目に完封勝利を含む4勝(3敗)を挙げたものの、その後は6年間で26試合の登板にとどまり、わずかに2勝と伸び悩んだ。その間、何度も打者転向説が囁かれた。

「投げても打ってもというね。投打のヒーローが秋山でしたね」とは、試合後の金本監督。

 ヒーローインタビューで、「二刀流もできますね」と水を向けられた本人は「無理ですね、はい」と即答したが、ファンがそんな夢を見たくなる打撃ではあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  4. 4

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  8. 8

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  9. 9

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る