8年ぶりG戦完封勝利 阪神“伊予ゴジラ”秋山は打撃も技あり

公開日:  更新日:

 東京ドームに「伊予のゴジラ」が蘇った。

 8日の巨人戦で8年ぶりの完封勝利を挙げた阪神の秋山拓巳(27)。セ1位のチーム打率を誇る好調巨人打線から9個の三振を奪う投球も圧巻だったが、それ以上にファンを沸かせたのが野手顔負けの打撃だった。

 二回1死満塁の好機で適時左前打を放つと、四回の第2打席ではなんと本塁打。それも、巨人先発山口俊が投じた144キロの外角高めを流し打って左翼スタンドに放り込む技ありの一発である。

 愛媛の西条高時代は1年秋から4番を打ち、高校通算48本塁打。そのパワーと飛距離で「伊予のゴジラ」の異名をとり、投手より打者として評価するプロのスカウトも少なくなかった。

 阪神には投手としてドラフト4位で入団。高卒1年目に完封勝利を含む4勝(3敗)を挙げたものの、その後は6年間で26試合の登板にとどまり、わずかに2勝と伸び悩んだ。その間、何度も打者転向説が囁かれた。

「投げても打ってもというね。投打のヒーローが秋山でしたね」とは、試合後の金本監督。

 ヒーローインタビューで、「二刀流もできますね」と水を向けられた本人は「無理ですね、はい」と即答したが、ファンがそんな夢を見たくなる打撃ではあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  9. 9

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  10. 10

    キンプリ岩橋 パニック障害で離脱の衝撃と女性問題の影響

もっと見る