• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

8年ぶりG戦完封勝利 阪神“伊予ゴジラ”秋山は打撃も技あり

 東京ドームに「伊予のゴジラ」が蘇った。

 8日の巨人戦で8年ぶりの完封勝利を挙げた阪神の秋山拓巳(27)。セ1位のチーム打率を誇る好調巨人打線から9個の三振を奪う投球も圧巻だったが、それ以上にファンを沸かせたのが野手顔負けの打撃だった。

 二回1死満塁の好機で適時左前打を放つと、四回の第2打席ではなんと本塁打。それも、巨人先発山口俊が投じた144キロの外角高めを流し打って左翼スタンドに放り込む技ありの一発である。

 愛媛の西条高時代は1年秋から4番を打ち、高校通算48本塁打。そのパワーと飛距離で「伊予のゴジラ」の異名をとり、投手より打者として評価するプロのスカウトも少なくなかった。

 阪神には投手としてドラフト4位で入団。高卒1年目に完封勝利を含む4勝(3敗)を挙げたものの、その後は6年間で26試合の登板にとどまり、わずかに2勝と伸び悩んだ。その間、何度も打者転向説が囁かれた。

「投げても打ってもというね。投打のヒーローが秋山でしたね」とは、試合後の金本監督。

 ヒーローインタビューで、「二刀流もできますね」と水を向けられた本人は「無理ですね、はい」と即答したが、ファンがそんな夢を見たくなる打撃ではあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  8. 8

    安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

もっと見る