久々スタメン2安打2打点も…阪神鳥谷が迫られる厳しい決断

公開日: 更新日:

 久々に存在感を見せた。

 阪神は好調の上本が5日に左膝を負傷。鳥谷が4月30日の広島戦以来となるスタメンで出場し、2安打2打点をマーク。第2打席の左前打は7試合ぶりのヒットだった。

 阪神の内野手は、西岡や上本の他に、若手の植田、糸原、大山も伸びてきた。もはや15年目の鳥谷は金本監督にとって必要不可欠な「ピース」ではない。上本が戦列復帰すれば、以前と同じように途中出場が多くなるはずだ。

 その鳥谷は昨年9月に2000安打を記録し、今月4日には通算2000試合出場も達成。「数字」にはひと区切りついた。今後は「鳥谷に対する球団方針が明確になってくる」との声もある。

 あるOBが言う。

「鳥谷は来季で5年契約が切れる。今の状況なら球団は契約更新はしないでしょう。その布石に、来年は兼任コーチにして出場機会を減らす。鳥谷がそれを断ったところで出場機会が増えることはない。仮に、契約切れの後、他球団で現役を続けたくても今の力ではまず声はかかりませんよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    京大教授藤井聡氏 大阪都構想は維新への信任投票ではない

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  5. 5

    いしだ壱成さんが語る「生活保護不正受給疑惑」報道の真相

  6. 6

    タモリが「国民的スター」になる前の話 生き証人に聞いた

  7. 7

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  8. 8

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  9. 9

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  10. 10

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

もっと見る