• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

久々スタメン2安打2打点も…阪神鳥谷が迫られる厳しい決断

 久々に存在感を見せた。

 阪神は好調の上本が5日に左膝を負傷。鳥谷が4月30日の広島戦以来となるスタメンで出場し、2安打2打点をマーク。第2打席の左前打は7試合ぶりのヒットだった。

 阪神の内野手は、西岡や上本の他に、若手の植田、糸原、大山も伸びてきた。もはや15年目の鳥谷は金本監督にとって必要不可欠な「ピース」ではない。上本が戦列復帰すれば、以前と同じように途中出場が多くなるはずだ。

 その鳥谷は昨年9月に2000安打を記録し、今月4日には通算2000試合出場も達成。「数字」にはひと区切りついた。今後は「鳥谷に対する球団方針が明確になってくる」との声もある。

 あるOBが言う。

「鳥谷は来季で5年契約が切れる。今の状況なら球団は契約更新はしないでしょう。その布石に、来年は兼任コーチにして出場機会を減らす。鳥谷がそれを断ったところで出場機会が増えることはない。仮に、契約切れの後、他球団で現役を続けたくても今の力ではまず声はかかりませんよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  9. 9

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る