攻撃力12球団ワーストの阪神 「ベンチにも責任」とOB苦言

公開日:

 たった1日の練習で劇的にチームが変わるわけではないだろうが……。

 23日、阪神が休日返上で全体練習を行った。本来は先発投手のみ調整のはずが、急きょ野手陣も参加。若手のみならず、福留や鳥谷らベテラン勢も甲子園で精力的にバットを振った。

 金本監督は「打ててないから」と、予定変更の理由を簡潔に説明。阪神はもっか3連敗中、直前の巨人3連戦は計3点しか取れずに3タテを食らった。1―10でボロ負けした3戦目の試合後は、「選手が悔しい気持ちを持っているかどうか。持ってない選手はいらない」と激高したほどだ。

 確かに現在の阪神打線はひどいのひと言に尽きる。チーム打率.222、9本塁打、55得点、1盗塁は、すべて12球団ワーストだ。

 それでも3位にいられるのはチーム防御率3.28の投手陣があってこそ。このまま貧打が続くようなら、投手陣も力尽きかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る