• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

攻撃力12球団ワーストの阪神 「ベンチにも責任」とOB苦言

 たった1日の練習で劇的にチームが変わるわけではないだろうが……。

 23日、阪神が休日返上で全体練習を行った。本来は先発投手のみ調整のはずが、急きょ野手陣も参加。若手のみならず、福留や鳥谷らベテラン勢も甲子園で精力的にバットを振った。

 金本監督は「打ててないから」と、予定変更の理由を簡潔に説明。阪神はもっか3連敗中、直前の巨人3連戦は計3点しか取れずに3タテを食らった。1―10でボロ負けした3戦目の試合後は、「選手が悔しい気持ちを持っているかどうか。持ってない選手はいらない」と激高したほどだ。

 確かに現在の阪神打線はひどいのひと言に尽きる。チーム打率.222、9本塁打、55得点、1盗塁は、すべて12球団ワーストだ。

 それでも3位にいられるのはチーム防御率3.28の投手陣があってこそ。このまま貧打が続くようなら、投手陣も力尽きかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  9. 9

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る