適時打で勝利に貢献も 阪神ロサリオ“2発目”はまだ遠い? 

公開日: 更新日:

「打ったのはシュート。何とかチームに貢献したかった」

 阪神のロサリオが1点リードで迎えた七回1死一、二塁のチャンスで、ヤクルトの2番手右腕・原が投じた内角のシュートに詰まってバットを折りながらも左前へ運んだ。

 新大砲はここまで全20試合に出場し打率.253、8打点。タイムリーは15日のヤクルト戦以来で、期待されている本塁打はまだ1本。相手バッテリーが執拗に外角へ変化球を投げてくるので、なかなか2本目が出ない。この日も第3打席までは外角のチェンジアップに遊ゴロ、投ゴロ、三塁併殺打だった。

 外角球に対しヒットを量産すれば、投手も仕方なく内角へ投げてくる。そうなれば甘い球も増えてくるというものだが、外角攻めで難なく打ち取られているようでは次のアーチは当分先か……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  7. 7

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  8. 8

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  9. 9

    「やじうまワイド」でMC 58歳の玉利かおるさんは今何を?

  10. 10

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る