適時打で勝利に貢献も 阪神ロサリオ“2発目”はまだ遠い? 

公開日: 更新日:

「打ったのはシュート。何とかチームに貢献したかった」

 阪神のロサリオが1点リードで迎えた七回1死一、二塁のチャンスで、ヤクルトの2番手右腕・原が投じた内角のシュートに詰まってバットを折りながらも左前へ運んだ。

 新大砲はここまで全20試合に出場し打率.253、8打点。タイムリーは15日のヤクルト戦以来で、期待されている本塁打はまだ1本。相手バッテリーが執拗に外角へ変化球を投げてくるので、なかなか2本目が出ない。この日も第3打席までは外角のチェンジアップに遊ゴロ、投ゴロ、三塁併殺打だった。

 外角球に対しヒットを量産すれば、投手も仕方なく内角へ投げてくる。そうなれば甘い球も増えてくるというものだが、外角攻めで難なく打ち取られているようでは次のアーチは当分先か……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  4. 4

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  5. 5

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

  6. 6

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  7. 7

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

  8. 8

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  9. 9

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る