【投手2】因縁てんこ盛り最強左腕とヤセの大食い奪三振王

公開日:

クレイトン・カーショウ(ドジャース・30歳)

 過去にサイ・ヤング賞を3回受賞した、メジャーを代表する左腕。10年から8年連続2ケタ勝利を挙げていて、今季年俸は約36億円。今オフ、契約破棄してFAになる権利があり、全米でその去就が注目されている。

 大谷はこのカーショウについて本紙に、「もともと好きでした。スリークオーター気味に投げる左腕が多い中で、あそこまで上から思い切りたたくオーバーハンドもあまりいませんし、すごく軌道が読みづらそうと思いながら見ています」と話している。

 そのカーショウは大谷がメジャー入りする際に、結婚記念日にもかかわらず面談に同席したが、大谷はエンゼルスへ。すると、「時間と労力の無駄遣いだった」「もう、興味はない」とバッサリやった。

 オープン戦では1度対戦、大谷はカーショウの大きなカーブを見逃して三振に倒れている。エンゼルスとドジャースは同じロサンゼルスを本拠地にし、交流戦で顔を合わせる。その対戦は「フリーウエー・シリーズ」と呼ばれ、今年は7月6~8日、13~15日の計6試合。因縁の対戦の行方に注目だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  8. 8

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  9. 9

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  10. 10

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

もっと見る