【投手2】因縁てんこ盛り最強左腕とヤセの大食い奪三振王

公開日:

クレイトン・カーショウ(ドジャース・30歳)

 過去にサイ・ヤング賞を3回受賞した、メジャーを代表する左腕。10年から8年連続2ケタ勝利を挙げていて、今季年俸は約36億円。今オフ、契約破棄してFAになる権利があり、全米でその去就が注目されている。

 大谷はこのカーショウについて本紙に、「もともと好きでした。スリークオーター気味に投げる左腕が多い中で、あそこまで上から思い切りたたくオーバーハンドもあまりいませんし、すごく軌道が読みづらそうと思いながら見ています」と話している。

 そのカーショウは大谷がメジャー入りする際に、結婚記念日にもかかわらず面談に同席したが、大谷はエンゼルスへ。すると、「時間と労力の無駄遣いだった」「もう、興味はない」とバッサリやった。

 オープン戦では1度対戦、大谷はカーショウの大きなカーブを見逃して三振に倒れている。エンゼルスとドジャースは同じロサンゼルスを本拠地にし、交流戦で顔を合わせる。その対戦は「フリーウエー・シリーズ」と呼ばれ、今年は7月6~8日、13~15日の計6試合。因縁の対戦の行方に注目だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る