【投手1】ア・リーグ同地区で対決する2人の“曲者左腕”

公開日: 更新日:

ダラス・カイクル(アストロズ・30歳)

 15年にサイ・ヤング賞を獲得したメジャーを代表するゴロ職人だ。

 直球の最速は140キロ台中盤ながら、切れのあるシンカーとスライダーを低めに集める。昨季は首痛で離脱しながらも14勝(5敗)をマークして球団史上初の世界一に貢献。ゴロ比率は66.8%でメジャートップだった。

 オクラホマ州の田舎町育ちで、大都市の人気球団にめっぽう強い。中でもヤンキース戦は気合が入るそうで、昨季までの3年間で8試合に登板し、そのうち5試合を無失点に抑えた。

 首を覆い隠すように伸ばしたひげがトレードマーク。メジャーに定着した12年のシーズン途中から伸ばし始めた。本人によれば、「もともと、柔和な顔立ちで、相手打者に威圧感を与えるため」だという。カイクルが登板する際、地元ヒューストンのファンの間では、作りもののひげをつけて応援するのが名物になっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  2. 2

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  3. 3

    DeNA筒香が大打撃…侍メンバー漏れでメジャー挑戦に暗雲

  4. 4

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  5. 5

    南アに“ジェイミー流”で屈辱ノートライ W杯4強逃した背景

  6. 6

    CS出場なのに…阪神“蚊帳の外”侍Jに選出ゼロという悲哀

  7. 7

    安倍昭恵夫人の“奇抜ドレス”「即位礼正殿の儀」をブチ壊し

  8. 8

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  9. 9

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  10. 10

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る