【投手1】ア・リーグ同地区で対決する2人の“曲者左腕”

公開日: 更新日:

ダラス・カイクル(アストロズ・30歳)

 15年にサイ・ヤング賞を獲得したメジャーを代表するゴロ職人だ。

 直球の最速は140キロ台中盤ながら、切れのあるシンカーとスライダーを低めに集める。昨季は首痛で離脱しながらも14勝(5敗)をマークして球団史上初の世界一に貢献。ゴロ比率は66.8%でメジャートップだった。

 オクラホマ州の田舎町育ちで、大都市の人気球団にめっぽう強い。中でもヤンキース戦は気合が入るそうで、昨季までの3年間で8試合に登板し、そのうち5試合を無失点に抑えた。

 首を覆い隠すように伸ばしたひげがトレードマーク。メジャーに定着した12年のシーズン途中から伸ばし始めた。本人によれば、「もともと、柔和な顔立ちで、相手打者に威圧感を与えるため」だという。カイクルが登板する際、地元ヒューストンのファンの間では、作りもののひげをつけて応援するのが名物になっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    井上清華「めざまし」メインに フジ“女子アナ王国”復活か

  6. 6

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  7. 7

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  8. 8

    弟弟子の小朝が36人抜きで真打ち「師匠は伝えにくかった」

  9. 9

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  10. 10

    今年の大阪国際女子は「マラソンにあらず」元陸連幹部激怒

もっと見る