山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

イチローのフロント入り マリナーズの演出力に脱帽した

公開日:

 イチローの例のニュースを、私は引退発表に限りなく近いものとして受け取った。日本の一部メディアは、イチローがマリナーズの球団会長付特別補佐に就任するということ、さらに今後もユニホームで練習を行い、チームに帯同するということ、それはすなわち来年以降の現役復帰の可能性が残されていることなどに注目し、できるだけ引退というニュアンスから遠くなるように報じていたが、それはまあ許容できる忖度の範囲内だ。イチローのパブリックイメージは日本が世界に誇る大スターなのだから。

 しかし、実際のイチローはさすがに選手としての衰えが著しく、今やマリナーズの“直接的”な戦力になっているとは言いがたい。ましてや現在のマリナーズはポストシーズン進出の可能性があるため、今後はより勝利至上主義の采配を求められる。そう考えると、イチローの出番がますます少なくなるどころか、ロースター枠からも外される、つまり戦力外からの自然な引退となってもおかしくないわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  8. 8

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  9. 9

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  10. 10

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

もっと見る