山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

イチローのフロント入り マリナーズの演出力に脱帽した

公開日: 更新日:

 イチローの例のニュースを、私は引退発表に限りなく近いものとして受け取った。日本の一部メディアは、イチローがマリナーズの球団会長付特別補佐に就任するということ、さらに今後もユニホームで練習を行い、チームに帯同するということ、それはすなわち来年以降の現役復帰の可能性が残されていることなどに注目し、できるだけ引退というニュアンスから遠くなるように報じていたが、それはまあ許容できる忖度の範囲内だ。イチローのパブリックイメージは日本が世界に誇る大スターなのだから。

 しかし、実際のイチローはさすがに選手としての衰えが著しく、今やマリナーズの“直接的”な戦力になっているとは言いがたい。ましてや現在のマリナーズはポストシーズン進出の可能性があるため、今後はより勝利至上主義の采配を求められる。そう考えると、イチローの出番がますます少なくなるどころか、ロースター枠からも外される、つまり戦力外からの自然な引退となってもおかしくないわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  5. 5

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  6. 6

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  7. 7

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  8. 8

    元WHO専門委員・左門新氏「コロナ対策は95%達成で十分」

  9. 9

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  10. 10

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

もっと見る