• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

イチローのフロント入り マリナーズの演出力に脱帽した

 イチローの例のニュースを、私は引退発表に限りなく近いものとして受け取った。日本の一部メディアは、イチローがマリナーズの球団会長付特別補佐に就任するということ、さらに今後もユニホームで練習を行い、チームに帯同するということ、それはすなわち来年以降の現役復帰の可能性が残されていることなどに注目し、できるだけ引退というニュアンスから遠くなるように報じていたが、それはまあ許容できる忖度の範囲内だ。イチローのパブリックイメージは日本が世界に誇る大スターなのだから。

 しかし、実際のイチローはさすがに選手としての衰えが著しく、今やマリナーズの“直接的”な戦力になっているとは言いがたい。ましてや現在のマリナーズはポストシーズン進出の可能性があるため、今後はより勝利至上主義の采配を求められる。そう考えると、イチローの出番がますます少なくなるどころか、ロースター枠からも外される、つまり戦力外からの自然な引退となってもおかしくないわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  7. 7

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  8. 8

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  9. 9

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  10. 10

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

もっと見る