山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

イチローのフロント入り マリナーズの演出力に脱帽した

公開日:

 イチローの例のニュースを、私は引退発表に限りなく近いものとして受け取った。日本の一部メディアは、イチローがマリナーズの球団会長付特別補佐に就任するということ、さらに今後もユニホームで練習を行い、チームに帯同するということ、それはすなわち来年以降の現役復帰の可能性が残されていることなどに注目し、できるだけ引退というニュアンスから遠くなるように報じていたが、それはまあ許容できる忖度の範囲内だ。イチローのパブリックイメージは日本が世界に誇る大スターなのだから。

 しかし、実際のイチローはさすがに選手としての衰えが著しく、今やマリナーズの“直接的”な戦力になっているとは言いがたい。ましてや現在のマリナーズはポストシーズン進出の可能性があるため、今後はより勝利至上主義の采配を求められる。そう考えると、イチローの出番がますます少なくなるどころか、ロースター枠からも外される、つまり戦力外からの自然な引退となってもおかしくないわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る