ロッテ打線を手玉 オリ助っ人アルバースはモイヤーの再来

公開日: 更新日:

「(捕手の)若月のリードが良かった。その通りに投げられた満足感もある」

 こう言って笑顔を見せたのが、オリックスの新助っ人、アルバース(32)だ。15日のロッテ戦に先発し、6回3安打1失点の好投。チームトップ、リーグ2位タイとなる5勝目(1敗)を手にした。

 08年ドラフト10巡目(全体315位)でパドレスに入団。なかなか芽が出ず、独立リーグや韓国球界の経験もある。昨年のWBCにはカナダ代表選手として出場。8月にブレーブス傘下3Aからマリナーズに移籍し、5勝1敗、防御率3・51の好成績を残した。

 スポーツライターの友成那智氏は「オリックスは掘り出し物を得た」と、こう言う。

「アルバースは直球こそ140キロそこそこだが、ほぼ同じ球速のシンカーを武器にする技巧派左腕です。昨季はフォーシームが投球の32%、シンカーが33%、スライダーが19%、チェンジアップとナックルカーブが8%ずつ。緩急をつけるのがうまく、MLBの実況では、『まるでモイヤーだ!』と言われたこともある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  9. 9

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る