ロッテ打線を手玉 オリ助っ人アルバースはモイヤーの再来

公開日: 更新日:

「(捕手の)若月のリードが良かった。その通りに投げられた満足感もある」

 こう言って笑顔を見せたのが、オリックスの新助っ人、アルバース(32)だ。15日のロッテ戦に先発し、6回3安打1失点の好投。チームトップ、リーグ2位タイとなる5勝目(1敗)を手にした。

 08年ドラフト10巡目(全体315位)でパドレスに入団。なかなか芽が出ず、独立リーグや韓国球界の経験もある。昨年のWBCにはカナダ代表選手として出場。8月にブレーブス傘下3Aからマリナーズに移籍し、5勝1敗、防御率3・51の好成績を残した。

 スポーツライターの友成那智氏は「オリックスは掘り出し物を得た」と、こう言う。

「アルバースは直球こそ140キロそこそこだが、ほぼ同じ球速のシンカーを武器にする技巧派左腕です。昨季はフォーシームが投球の32%、シンカーが33%、スライダーが19%、チェンジアップとナックルカーブが8%ずつ。緩急をつけるのがうまく、MLBの実況では、『まるでモイヤーだ!』と言われたこともある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  2. 2

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

  5. 5

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  8. 8

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る