貧打だけじゃない 阪神の4位転落は拙守失策にも原因あり

公開日: 更新日:

 阪神は17日のDeNA戦に敗れて4位に転落。8日の巨人戦に9―0で快勝してから1勝6敗と精彩を欠いている。リーグワーストのチーム115得点で、貧打が勝てない原因になっているが、ライバル球団のスコアラーは、「守備のもろさも影響しているはずです」と、指摘する。

「阪神は投手力はリーグ屈指ですが、昨季はリーグ5位の82失策で、今季も同5位の23失策。前年を上回るペースで量産している。センターラインが固定できず、記録に残らないミスも少なくない。二塁は打撃重視で日替わりメンバーだし、遊撃は糸原が固定されるかと思ったら、若手の植田を起用したり……。これでは投手も投げにくくて仕方ないでしょう。センターラインが固定されて上位にいる広島、巨人との差は大きい」

 この日は、ロサリオが平凡なゴロをトンネルしたり、お手玉したり(記録は1失策)。16日の試合では三塁大山の失策から失点につながった。

 打てない上に守れないのだから、阪神の投手はやってられない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  5. 5

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  6. 6

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

もっと見る