貧打だけじゃない 阪神の4位転落は拙守失策にも原因あり

公開日:

 阪神は17日のDeNA戦に敗れて4位に転落。8日の巨人戦に9―0で快勝してから1勝6敗と精彩を欠いている。リーグワーストのチーム115得点で、貧打が勝てない原因になっているが、ライバル球団のスコアラーは、「守備のもろさも影響しているはずです」と、指摘する。

「阪神は投手力はリーグ屈指ですが、昨季はリーグ5位の82失策で、今季も同5位の23失策。前年を上回るペースで量産している。センターラインが固定できず、記録に残らないミスも少なくない。二塁は打撃重視で日替わりメンバーだし、遊撃は糸原が固定されるかと思ったら、若手の植田を起用したり……。これでは投手も投げにくくて仕方ないでしょう。センターラインが固定されて上位にいる広島、巨人との差は大きい」

 この日は、ロサリオが平凡なゴロをトンネルしたり、お手玉したり(記録は1失策)。16日の試合では三塁大山の失策から失点につながった。

 打てない上に守れないのだから、阪神の投手はやってられない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  6. 6

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る