吉川光夫でも必然の大敗…広島の情報分析力に巨人は丸裸

公開日: 更新日:

 前回対戦でマシソンから二塁打を打って得点を記録した田中に聞いてみると、「クセ? いやいや、球は速いし、変わらずいい投手。打てたのはたまたま」と否定するものの、広島は情報分析に定評がある。この日、四回途中8失点KOされた吉川光も気が気ではないだろう。実は試合前、田中はこうも話していた。

「吉川光? 直球が強いので狙いは直球。振り負けないようにして、そこから変化球に対応する。それが基本姿勢ですね」

 その言葉通り、先頭弾も四回の2発目も直球をスタンドへ運んだ。

 首位広島に再び4.5ゲーム差に離される大敗。天敵がますます不気味な存在になった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  2. 2

    磯野貴理子は女神か都合のいい女か…男女問題研究家の見解

  3. 3

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  6. 6

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  7. 7

    国会議員らの毛髪検査で…発がん性「農薬」検出7割の驚愕

  8. 8

    芸能界ファミリー新派閥「瑛太会」を悩ます“ボス”の酒癖

  9. 9

    米中貿易戦争の加熱で古紙不足 石油危機パニックの再来か

  10. 10

    “バルサ化”神戸の大低迷 元凶は「やはり三木谷会長」の声

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る