今季1勝4敗の天敵・広島と2連戦 巨人に漂うピリピリムード

公開日:  更新日:

 巨人が22日から天敵・広島との2連戦を迎える。

 現在首位を走る広島に巨人は昨季7勝18敗。大きく負け越したことでBクラス4位に沈んだだけに、オフから「広島対策」を重要視してきた。

 鹿取GM自らスコアラー室長を兼務。情報がきめ細かくなるよう、スコアラーをかつての担当制に戻し、ヤクルトで広島担当を務めていた志田スコアラーを招聘した。高橋由伸監督は「広島戦を何とかしないといけない」と意気込んで今季に突入したものの、これまで1勝4敗。相変わらず分が悪いのだ。4敗のうち1点差が3試合、2点差が1試合と何とか接戦には持ち込んでいるものの、由伸監督は「接戦を求めているわけでも、求められているわけでもない。何とか勝ち切らないと、なかなか差は埋まらない」と話している。

 昨季は前半戦を折り返すタイミングで田畑一軍投手コーチがスコアラーに転身するなど、4コーチの配置転換が敢行された。この時、鹿取GMは「広島戦3勝11敗。5割ならこうなっていない。スコアラーの強化を図って田畑くんに入ってもらい、広島専従でやってもらう」と理由を説明していた。しかし、その田畑スコアラーは今季からヤクルトの投手コーチに就任。さるチーム関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る