今季1勝4敗の天敵・広島と2連戦 巨人に漂うピリピリムード

公開日: 更新日:

 巨人が22日から天敵・広島との2連戦を迎える。

 現在首位を走る広島に巨人は昨季7勝18敗。大きく負け越したことでBクラス4位に沈んだだけに、オフから「広島対策」を重要視してきた。

 鹿取GM自らスコアラー室長を兼務。情報がきめ細かくなるよう、スコアラーをかつての担当制に戻し、ヤクルトで広島担当を務めていた志田スコアラーを招聘した。高橋由伸監督は「広島戦を何とかしないといけない」と意気込んで今季に突入したものの、これまで1勝4敗。相変わらず分が悪いのだ。4敗のうち1点差が3試合、2点差が1試合と何とか接戦には持ち込んでいるものの、由伸監督は「接戦を求めているわけでも、求められているわけでもない。何とか勝ち切らないと、なかなか差は埋まらない」と話している。

 昨季は前半戦を折り返すタイミングで田畑一軍投手コーチがスコアラーに転身するなど、4コーチの配置転換が敢行された。この時、鹿取GMは「広島戦3勝11敗。5割ならこうなっていない。スコアラーの強化を図って田畑くんに入ってもらい、広島専従でやってもらう」と理由を説明していた。しかし、その田畑スコアラーは今季からヤクルトの投手コーチに就任。さるチーム関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  6. 6

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る