連敗5で止める活躍 G正捕手狙う大城は一塁阿部も脅かす

公開日: 更新日:

 連敗中の巨人を救ったのは新人だった。

 30日の日本ハム戦の二回、長野のラッキーな先制打に続き、「7番・捕手」で出場した大城卓三(25=NTT西日本)が右中間を破る2点適時二塁打。先発した防御率リーグ1位の上沢から一挙8点を奪う口火を切れば、8―6に追い上げられた五回2死一塁から左中間へ適時二塁打。最後は9―8ともつれただけに、これが貴重な追加点となり、2安打3打点の活躍で、チームの連敗を5でストップさせた。

 正捕手の小林がコンディション不良のため、4試合連続でスタメンマスクをかぶる。プロ初勝利の谷岡と上がったお立ち台では「守備で不甲斐なかったので、どうにかしてバッティングで取り返そうと思って打席に立ちました」と初々しく汗を拭った。

■一塁で起用する構想も

 187センチ、89キロ。沖縄出身で東海大相模高、東海大、NTT西日本を経てドラフト3位で入団した大型捕手だ。さるチーム関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  6. 6

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  7. 7

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  8. 8

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  9. 9

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  10. 10

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

もっと見る