連敗5で止める活躍 G正捕手狙う大城は一塁阿部も脅かす

公開日:

 連敗中の巨人を救ったのは新人だった。

 30日の日本ハム戦の二回、長野のラッキーな先制打に続き、「7番・捕手」で出場した大城卓三(25=NTT西日本)が右中間を破る2点適時二塁打。先発した防御率リーグ1位の上沢から一挙8点を奪う口火を切れば、8―6に追い上げられた五回2死一塁から左中間へ適時二塁打。最後は9―8ともつれただけに、これが貴重な追加点となり、2安打3打点の活躍で、チームの連敗を5でストップさせた。

 正捕手の小林がコンディション不良のため、4試合連続でスタメンマスクをかぶる。プロ初勝利の谷岡と上がったお立ち台では「守備で不甲斐なかったので、どうにかしてバッティングで取り返そうと思って打席に立ちました」と初々しく汗を拭った。

■一塁で起用する構想も

 187センチ、89キロ。沖縄出身で東海大相模高、東海大、NTT西日本を経てドラフト3位で入団した大型捕手だ。さるチーム関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る