連敗5で止める活躍 G正捕手狙う大城は一塁阿部も脅かす

公開日: 更新日:

 連敗中の巨人を救ったのは新人だった。

 30日の日本ハム戦の二回、長野のラッキーな先制打に続き、「7番・捕手」で出場した大城卓三(25=NTT西日本)が右中間を破る2点適時二塁打。先発した防御率リーグ1位の上沢から一挙8点を奪う口火を切れば、8―6に追い上げられた五回2死一塁から左中間へ適時二塁打。最後は9―8ともつれただけに、これが貴重な追加点となり、2安打3打点の活躍で、チームの連敗を5でストップさせた。

 正捕手の小林がコンディション不良のため、4試合連続でスタメンマスクをかぶる。プロ初勝利の谷岡と上がったお立ち台では「守備で不甲斐なかったので、どうにかしてバッティングで取り返そうと思って打席に立ちました」と初々しく汗を拭った。

■一塁で起用する構想も

 187センチ、89キロ。沖縄出身で東海大相模高、東海大、NTT西日本を経てドラフト3位で入団した大型捕手だ。さるチーム関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  3. 3

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  4. 4

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  5. 5

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  6. 6

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  7. 7

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  8. 8

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  9. 9

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  10. 10

    阿炎キャバクラ通いバレ引退届 協会激怒も不受理の可能性

もっと見る