• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日大アメフト部には暴力問題も スポーツ界にはびこる病根

 世間を騒がせた日大アメフト部選手による悪質な反則問題は、関東学生連盟が内田正人前監督と井上奨前コーチを永久追放に当たる「除名」とした。

 今回の騒動でもうひとつ明らかになったのが、日大アメフト部の暴力体質だ。日大アメフト部は昨年、20人の部員が大量退部した。その理由はコーチの暴力にあったという。

 日刊ゲンダイは5月30日付の紙面で、日大アメフト部のグラウンド近くに住む世田谷区民の日大アメフト部に対する苦情を掲載した。その区民も「私の息子は複数の選手がグラウンドで1人の選手をボコボコに殴って血だらけにしている姿を見たことがある。おそらくコーチの指示でしょう」と語っていた。日大アメフト部の暴力は、名将といわれた篠竹幹夫元監督(故人)時代から続いているのだ。

 学校の部活動における暴力指導は今も消えていない。そして、内田前監督が精神的に圧力をかける指導もまた、日本のスポーツ界では昔から行われていたものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  4. 4

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  5. 5

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  8. 8

    日本が「国後・択捉」領有権を主張できる根拠は存在しない

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    大坂に体作りとコートへの集中力を促したコーチの手練手管

もっと見る