低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

公開日:

「自分なりに一生懸命やっているのはわかりますが、選手をもっと信頼した方がいいと思います」

 阪神の金本監督に苦言を呈するのは、古くからの阪神ファンであるひろさちや氏(宗教評論家)。

 前年2位で迎えた就任3年目の今季、懸案だった4番候補に年俸3・4億円でロサリオを獲得したことで、ファンは例年以上に優勝への期待を募らせていた。

 しかし、そのロサリオは極度の不振で二軍落ち。チームの貧打は深刻で、167得点はリーグ断然の最下位だ。

 5日のオリックス戦は2―3で敗戦。交流戦は1勝6敗で最下位となり、順位もセの3位は変わらずも、最下位中日と1差。

「選手をコロコロ代えるから若手野手は一向に育たない。僕は金本監督が自分より大柄の選手にコンプレックスを感じていることが影響していると見ています。彼は現役時代、プロ野球選手としては決して大きくない体で人一倍練習して大選手になった。弟分の新井(現広島)に、『俺にあいつくらいの大きな体があればもっと凄い選手になれた』とよく言っていた。まさにそれです。練習する選手が好きで、体づくりなども自分がやってきたことを選手にも求める。成績が伴わないと努力が足りないといって、すぐに使わなくなる。それでは選手は育ちません。不振に悩む藤浪はその最たるもの。開幕一軍を外れた中谷、16年新人王の高山らにも厳しい。その上、キラリと光る采配もない。誰よりまず、金本監督が一度、二軍落ちするべきです」(前出のひろ氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る