ビッグネーム次々予選落ち 全米OP今年は大荒れの大会に

公開日: 更新日:

【全米オープン 2日目】

 全米オープンはメジャー4大会の中でも、もっとも設定がタフなことで知られる。優勝スコアは例年ならイーブンパー前後になり、ボギーをたたかないガマン大会というのが普通だ。

 だから優勝候補には、実績と経験豊富なビッグネームの名前が挙げられる。

 ところが今年はスコアが大きく伸びる展開になり、またビッグネームが相次いで2日間で姿を消していくという意外な展開になった。

 世界ランク1位につけるD・ジョンソンは4オーバー92位、同2位R・マキロイは5オーバー102位、同3位のJ・デイは10オーバー144位とトップ3が決勝に進めなかった。

 ジョンソンはマスターズ直前に階段から足を滑らせて欠場するなど、不振が続いており、マキロイは今年初めに肋骨の疲労骨折でツアーを離脱していた。デイは重篤な母親の看病でオフにまともなトレーニングができずに調子を落としている。

 さらにマスターズ2勝のB・ワトソンをはじめ、メジャータイトルを持つA・スコット、H・ステンソン、C・シュワーツェル、J・ローズ、G・マクダウェル、J・ダフナーも姿を消し、寂しい大会になってしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  2. 2

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  3. 3

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  4. 4

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  5. 5

    公明党の「小池離れ」と「自民優先」で都政は立ち往生必至

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  8. 7

    東京女子医大看護師 感染リスク覚悟で対応もボーナスゼロ

  9. 8

    貯蓄額1500万円の家庭が実践する資産を増やす“4つの方法”

  10. 9

    また2ショットなし 綾瀬はるか“結婚報道”で私生活の深い謎

  11. 10

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

もっと見る