ビッグネーム次々予選落ち 全米OP今年は大荒れの大会に

公開日:

【全米オープン 2日目】

 全米オープンはメジャー4大会の中でも、もっとも設定がタフなことで知られる。優勝スコアは例年ならイーブンパー前後になり、ボギーをたたかないガマン大会というのが普通だ。

 だから優勝候補には、実績と経験豊富なビッグネームの名前が挙げられる。

 ところが今年はスコアが大きく伸びる展開になり、またビッグネームが相次いで2日間で姿を消していくという意外な展開になった。

 世界ランク1位につけるD・ジョンソンは4オーバー92位、同2位R・マキロイは5オーバー102位、同3位のJ・デイは10オーバー144位とトップ3が決勝に進めなかった。

 ジョンソンはマスターズ直前に階段から足を滑らせて欠場するなど、不振が続いており、マキロイは今年初めに肋骨の疲労骨折でツアーを離脱していた。デイは重篤な母親の看病でオフにまともなトレーニングができずに調子を落としている。

 さらにマスターズ2勝のB・ワトソンをはじめ、メジャータイトルを持つA・スコット、H・ステンソン、C・シュワーツェル、J・ローズ、G・マクダウェル、J・ダフナーも姿を消し、寂しい大会になってしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る