ビッグネーム次々予選落ち 全米OP今年は大荒れの大会に

公開日:

【全米オープン 2日目】

 全米オープンはメジャー4大会の中でも、もっとも設定がタフなことで知られる。優勝スコアは例年ならイーブンパー前後になり、ボギーをたたかないガマン大会というのが普通だ。

 だから優勝候補には、実績と経験豊富なビッグネームの名前が挙げられる。

 ところが今年はスコアが大きく伸びる展開になり、またビッグネームが相次いで2日間で姿を消していくという意外な展開になった。

 世界ランク1位につけるD・ジョンソンは4オーバー92位、同2位R・マキロイは5オーバー102位、同3位のJ・デイは10オーバー144位とトップ3が決勝に進めなかった。

 ジョンソンはマスターズ直前に階段から足を滑らせて欠場するなど、不振が続いており、マキロイは今年初めに肋骨の疲労骨折でツアーを離脱していた。デイは重篤な母親の看病でオフにまともなトレーニングができずに調子を落としている。

 さらにマスターズ2勝のB・ワトソンをはじめ、メジャータイトルを持つA・スコット、H・ステンソン、C・シュワーツェル、J・ローズ、G・マクダウェル、J・ダフナーも姿を消し、寂しい大会になってしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  10. 10

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

もっと見る