“リンクス”全米OP2位に自信も 松山を待ち受ける英国の罠

公開日: 更新日:

 日本人のメジャー初優勝とはいかなかったが、松山英樹(25)の全米オープン2位タイは、青木功(74=日本ゴルフツアー機構会長)が、J・ニクラスと伝説の死闘を繰り広げた1980年大会(バルタスロールGC)以来の日本人メジャー最高位。

 優勝したB・ケプカ以外の上位陣が軒並みスコアを伸ばせなかった最終日にこの日のベストスコアとなる66をマークした松山は、来月20日に開幕する全英オープンに向け、「最終日は風の中でいいプレーができた」と手応えを口にし、「(全英前の)アイリッシュ・オープンで風や寒さ対策をして臨みたい」 と語る顔には自信がみなぎっていた。

 今年の全米オープンの会場となったエリンヒルズは、スコットランドのリンクスを模したゴルフ場。海岸沿いではないものの、コース内には樹木がほとんどなく、この時季には西南からの強い風が吹き、それでコースの難易度が上がる――はずだった。が、ピンフラッグがはためく強い風がコース内に舞ったのは最終日だけ。この日、60台のスコアを出したのは決勝に進んだ68人中8人のみという悪条件の中でベストスコアを出した松山は立派だったが、来月の全英の環境は言うまでもなく今大会のエリンヒルズの比ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  2. 2

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  3. 3

    高卒で異例の一軍帯同 広島小園をコーチ先輩“絶賛”の理由

  4. 4

    踏んだり蹴ったりZOZO前澤社長 “100億円豪邸”も建設中断か

  5. 5

    安倍首相は「自己愛型」か 9年前の動画“炎上”で識者が分析

  6. 6

    巨人・原監督に聞いた 指導未経験者を登用した真意

  7. 7

    自民に衝撃 参院選1人区「13勝19敗」予想で“W選”案急浮上

  8. 8

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  9. 9

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

  10. 10

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

もっと見る