“リンクス”全米OP2位に自信も 松山を待ち受ける英国の罠

公開日:

 日本人のメジャー初優勝とはいかなかったが、松山英樹(25)の全米オープン2位タイは、青木功(74=日本ゴルフツアー機構会長)が、J・ニクラスと伝説の死闘を繰り広げた1980年大会(バルタスロールGC)以来の日本人メジャー最高位。

 優勝したB・ケプカ以外の上位陣が軒並みスコアを伸ばせなかった最終日にこの日のベストスコアとなる66をマークした松山は、来月20日に開幕する全英オープンに向け、「最終日は風の中でいいプレーができた」と手応えを口にし、「(全英前の)アイリッシュ・オープンで風や寒さ対策をして臨みたい」 と語る顔には自信がみなぎっていた。

 今年の全米オープンの会場となったエリンヒルズは、スコットランドのリンクスを模したゴルフ場。海岸沿いではないものの、コース内には樹木がほとんどなく、この時季には西南からの強い風が吹き、それでコースの難易度が上がる――はずだった。が、ピンフラッグがはためく強い風がコース内に舞ったのは最終日だけ。この日、60台のスコアを出したのは決勝に進んだ68人中8人のみという悪条件の中でベストスコアを出した松山は立派だったが、来月の全英の環境は言うまでもなく今大会のエリンヒルズの比ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る