“リンクス”全米OP2位に自信も 松山を待ち受ける英国の罠

公開日: 更新日:

 日本人のメジャー初優勝とはいかなかったが、松山英樹(25)の全米オープン2位タイは、青木功(74=日本ゴルフツアー機構会長)が、J・ニクラスと伝説の死闘を繰り広げた1980年大会(バルタスロールGC)以来の日本人メジャー最高位。

 優勝したB・ケプカ以外の上位陣が軒並みスコアを伸ばせなかった最終日にこの日のベストスコアとなる66をマークした松山は、来月20日に開幕する全英オープンに向け、「最終日は風の中でいいプレーができた」と手応えを口にし、「(全英前の)アイリッシュ・オープンで風や寒さ対策をして臨みたい」 と語る顔には自信がみなぎっていた。

 今年の全米オープンの会場となったエリンヒルズは、スコットランドのリンクスを模したゴルフ場。海岸沿いではないものの、コース内には樹木がほとんどなく、この時季には西南からの強い風が吹き、それでコースの難易度が上がる――はずだった。が、ピンフラッグがはためく強い風がコース内に舞ったのは最終日だけ。この日、60台のスコアを出したのは決勝に進んだ68人中8人のみという悪条件の中でベストスコアを出した松山は立派だったが、来月の全英の環境は言うまでもなく今大会のエリンヒルズの比ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    作曲家デビューした裕一「福島行進曲」B面の作詞家は?

  7. 7

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  10. 10

    “脇職人”みちょぱ 絶妙スタンスを生んだ彼女の飽きっぽさ

もっと見る