“リンクス”全米OP2位に自信も 松山を待ち受ける英国の罠

公開日:

 日本人のメジャー初優勝とはいかなかったが、松山英樹(25)の全米オープン2位タイは、青木功(74=日本ゴルフツアー機構会長)が、J・ニクラスと伝説の死闘を繰り広げた1980年大会(バルタスロールGC)以来の日本人メジャー最高位。

 優勝したB・ケプカ以外の上位陣が軒並みスコアを伸ばせなかった最終日にこの日のベストスコアとなる66をマークした松山は、来月20日に開幕する全英オープンに向け、「最終日は風の中でいいプレーができた」と手応えを口にし、「(全英前の)アイリッシュ・オープンで風や寒さ対策をして臨みたい」 と語る顔には自信がみなぎっていた。

 今年の全米オープンの会場となったエリンヒルズは、スコットランドのリンクスを模したゴルフ場。海岸沿いではないものの、コース内には樹木がほとんどなく、この時季には西南からの強い風が吹き、それでコースの難易度が上がる――はずだった。が、ピンフラッグがはためく強い風がコース内に舞ったのは最終日だけ。この日、60台のスコアを出したのは決勝に進んだ68人中8人のみという悪条件の中でベストスコアを出した松山は立派だったが、来月の全英の環境は言うまでもなく今大会のエリンヒルズの比ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る