イラン20年ぶり勝利 アジア関係者が安堵した情けない理由

公開日:  更新日:

 イランが相手のオウンゴールで、1998年フランス大会以来20年ぶりの勝利を手にした。

 カウンターからの速攻で再三、敵陣まで攻め込みながらも決め手を欠いたイラン。後半アディショナルタイム5分にFKを得ると、相手FWが頭でクリアしたボールがネットを揺らした。

 勝ち点3を得たイランのケイロス監督は試合後、コーチ陣とともに安堵の表情を見せたが、それ以上に喜んでいるのはアジアサッカー連盟(AFC)だろう。

 何しろ、アジア勢は前回ブラジル大会で未勝利。日本が1分け2敗に終わるなど、アジア勢は0勝3分け9敗と惨敗を喫した。今大会も14日の開幕戦でFIFAランク67位のサウジアラビアが、同70位(出場32カ国中最低)のロシア相手に0―5で敗れる醜態をさらしたばかりだった。

 アジアの出場枠は、2026年大会(米、カナダ、メキシコ共催)から、現行の4.5枠から最大9枠となるが、将来的な出場枠の削減につながりかねないだけに、AFCとしてはアジアのレベルの低さを露呈するわけにはいかないのだ。

 日本の責任も重い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る