イラン20年ぶり勝利 アジア関係者が安堵した情けない理由

公開日:  更新日:

 イランが相手のオウンゴールで、1998年フランス大会以来20年ぶりの勝利を手にした。

 カウンターからの速攻で再三、敵陣まで攻め込みながらも決め手を欠いたイラン。後半アディショナルタイム5分にFKを得ると、相手FWが頭でクリアしたボールがネットを揺らした。

 勝ち点3を得たイランのケイロス監督は試合後、コーチ陣とともに安堵の表情を見せたが、それ以上に喜んでいるのはアジアサッカー連盟(AFC)だろう。

 何しろ、アジア勢は前回ブラジル大会で未勝利。日本が1分け2敗に終わるなど、アジア勢は0勝3分け9敗と惨敗を喫した。今大会も14日の開幕戦でFIFAランク67位のサウジアラビアが、同70位(出場32カ国中最低)のロシア相手に0―5で敗れる醜態をさらしたばかりだった。

 アジアの出場枠は、2026年大会(米、カナダ、メキシコ共催)から、現行の4.5枠から最大9枠となるが、将来的な出場枠の削減につながりかねないだけに、AFCとしてはアジアのレベルの低さを露呈するわけにはいかないのだ。

 日本の責任も重い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る