イラン20年ぶり勝利 アジア関係者が安堵した情けない理由

公開日: 更新日:

 イランが相手のオウンゴールで、1998年フランス大会以来20年ぶりの勝利を手にした。

 カウンターからの速攻で再三、敵陣まで攻め込みながらも決め手を欠いたイラン。後半アディショナルタイム5分にFKを得ると、相手FWが頭でクリアしたボールがネットを揺らした。

 勝ち点3を得たイランのケイロス監督は試合後、コーチ陣とともに安堵の表情を見せたが、それ以上に喜んでいるのはアジアサッカー連盟(AFC)だろう。

 何しろ、アジア勢は前回ブラジル大会で未勝利。日本が1分け2敗に終わるなど、アジア勢は0勝3分け9敗と惨敗を喫した。今大会も14日の開幕戦でFIFAランク67位のサウジアラビアが、同70位(出場32カ国中最低)のロシア相手に0―5で敗れる醜態をさらしたばかりだった。

 アジアの出場枠は、2026年大会(米、カナダ、メキシコ共催)から、現行の4.5枠から最大9枠となるが、将来的な出場枠の削減につながりかねないだけに、AFCとしてはアジアのレベルの低さを露呈するわけにはいかないのだ。

 日本の責任も重い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    NHK和久田麻由子アナが「おめでた」か? 産休後の後任と“玉突き人事”を勝手に占う

    NHK和久田麻由子アナが「おめでた」か? 産休後の後任と“玉突き人事”を勝手に占う

  2. 2
    「ドクターX」に迫る終焉危機 “DNAの違う脚本家”参入で苦境ぶりが浮彫りに

    「ドクターX」に迫る終焉危機 “DNAの違う脚本家”参入で苦境ぶりが浮彫りに

  3. 3
    冨田宏治氏が喝破「大阪で維新を支持しているのは貧困層を憎悪する中堅サラリーマン層」

    冨田宏治氏が喝破「大阪で維新を支持しているのは貧困層を憎悪する中堅サラリーマン層」

  4. 4
    タレントYUKINARIさんが振り返る 2008年「DA PUMP」脱退後の紆余曲折

    タレントYUKINARIさんが振り返る 2008年「DA PUMP」脱退後の紆余曲折

  5. 5
    橋下徹氏が岸田政権の「オミクロン株」水際対策を猛批判!「国家の体をなしていない」

    橋下徹氏が岸田政権の「オミクロン株」水際対策を猛批判!「国家の体をなしていない」

もっと見る

  1. 6
    創業3年で月商1億円突破! ネット通販サイトを成功させた元イケメン俳優の挫折と道程

    創業3年で月商1億円突破! ネット通販サイトを成功させた元イケメン俳優の挫折と道程

  2. 7
    ミサワホーム合併事件でトヨタの奥田碩をグサリと刺した三澤千代治

    ミサワホーム合併事件でトヨタの奥田碩をグサリと刺した三澤千代治

  3. 8
    サンモニ降板の張本勲氏、AKB妊娠発言の徳光和夫…“困った高齢者”が抱える共通項

    サンモニ降板の張本勲氏、AKB妊娠発言の徳光和夫…“困った高齢者”が抱える共通項

  4. 9
    眞子さんはNYで庶民生活を満喫! 迷子になってもへっちゃら…

    眞子さんはNYで庶民生活を満喫! 迷子になってもへっちゃら…

  5. 10
    巨人恒例の“迷走オフ”いよいよスタート…左打ち外野手ズラリなのに日ハム西川は本当に必要か

    巨人恒例の“迷走オフ”いよいよスタート…左打ち外野手ズラリなのに日ハム西川は本当に必要か