イラン20年ぶり勝利 アジア関係者が安堵した情けない理由

公開日: 更新日:

 イランが相手のオウンゴールで、1998年フランス大会以来20年ぶりの勝利を手にした。

 カウンターからの速攻で再三、敵陣まで攻め込みながらも決め手を欠いたイラン。後半アディショナルタイム5分にFKを得ると、相手FWが頭でクリアしたボールがネットを揺らした。

 勝ち点3を得たイランのケイロス監督は試合後、コーチ陣とともに安堵の表情を見せたが、それ以上に喜んでいるのはアジアサッカー連盟(AFC)だろう。

 何しろ、アジア勢は前回ブラジル大会で未勝利。日本が1分け2敗に終わるなど、アジア勢は0勝3分け9敗と惨敗を喫した。今大会も14日の開幕戦でFIFAランク67位のサウジアラビアが、同70位(出場32カ国中最低)のロシア相手に0―5で敗れる醜態をさらしたばかりだった。

 アジアの出場枠は、2026年大会(米、カナダ、メキシコ共催)から、現行の4.5枠から最大9枠となるが、将来的な出場枠の削減につながりかねないだけに、AFCとしてはアジアのレベルの低さを露呈するわけにはいかないのだ。

 日本の責任も重い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    チャリティーゴルフで社会貢献 人気絶頂女子プロの“本音”

もっと見る