2大会ぶり白星のセルビア W杯後は移籍市場で人気急騰確実

公開日: 更新日:

 2大会ぶり出場のセルビアが前回ベスト8のコスタリカを下して白星発進である。

 後半11分、DFコラロフ(32=ローマ)が左足からのFKをゴール右隅に決めて先制。これが決勝点となり、10年南ア大会の1次リーグでドイツを下して以来の勝ち点3を得た。

 FIFAランクは、開催国ロシア(70位)を除くと、今大会の欧州勢で最下位の34位。下馬評は決して高いとは言えないものの、セルビアのメンバーの大半は欧州の主要リーグでプレー。特に若手にはビッグクラブが熱視線を送る逸材が揃い、8月末の移籍期間終了までに大型契約が噂される。

 中でも「移籍市場の目玉」になりそうなのが、MFミリンコビッチサビッチ(23=ラツィオ)、FWミトロビッチ(23=フラム)の2人。191センチと大型MFのミリンコビッチサビッチは、かつてフランス代表の司令塔として名を馳せたジダン2世の異名を持つ。レアル・マドリード、マンチェスター・ユナイテッドなどの有名クラブが獲得に興味を示しているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  3. 3

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  4. 4

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  5. 5

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  6. 6

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  7. 7

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  8. 8

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  9. 9

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  10. 10

    阿炎キャバクラ通いバレ引退届 協会激怒も不受理の可能性

もっと見る