日本はW杯3戦全敗の可能性大…スポーツメディアにも危機感

公開日:

 開催国ロシアが5-0でサウジアラビアを一方的に破るワンサイドゲームで幕を開けたロシアW杯。日本国内の盛り上がりもまったくである。

 W杯になると日本代表の青色ユニホームを着たサポーターと称する連中が、渋谷のスクランブル交差点など繁華街の一角を占拠してバカ騒ぎを繰り広げる。一種の風物詩だが、日本人はW杯に限らず、五輪や野球のWBCでも同じで、国際大会や日の丸が大好き。世界の桧舞台で活躍する日本人アスリートの尻馬に乗る格好で大騒ぎする。

 W杯では普段サッカーに見向きもしない人間まで総サポーター状態。そうやって日頃のウップンを晴らすわけだが、今回のW杯は、そんなにわかファンにとっても史上最悪の大会になりそうだ。

「西野ジャパンにまったく期待が持てない状況ですからね。W杯本大会前、最後のテストマッチとなったパラグアイ戦に勝利したとはいえ、相手はW杯出場を逃した上に若手中心の二軍半。しかもW杯に出場する日本人選手をケガさせてはいけないという雰囲気がアリアリで、プレッシャー緩々の中で勝っただけのこと。1次リーグ初戦の相手コロンビアの選手は、パラグアイの選手と比べてケタ外れに能力が高く、所属クラブもはるかに格上です。日本はコロンビアに続いて2戦目にセネガルと、3戦目にポーランドと戦うが、すべて<引き分けて勝ち点1を獲得しただけで番狂わせ>と思えるほどレベル差は歴然としている。残念ながら、1分け2敗に終わった前回のブラジルW杯よりも惨めな3戦全敗に終わる公算が大きいでしょう」(スポーツライター・平野史氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  9. 9

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る