日本はW杯3戦全敗の可能性大…スポーツメディアにも危機感

公開日: 更新日:

 開催国ロシアが5-0でサウジアラビアを一方的に破るワンサイドゲームで幕を開けたロシアW杯。日本国内の盛り上がりもまったくである。

 W杯になると日本代表の青色ユニホームを着たサポーターと称する連中が、渋谷のスクランブル交差点など繁華街の一角を占拠してバカ騒ぎを繰り広げる。一種の風物詩だが、日本人はW杯に限らず、五輪や野球のWBCでも同じで、国際大会や日の丸が大好き。世界の桧舞台で活躍する日本人アスリートの尻馬に乗る格好で大騒ぎする。

 W杯では普段サッカーに見向きもしない人間まで総サポーター状態。そうやって日頃のウップンを晴らすわけだが、今回のW杯は、そんなにわかファンにとっても史上最悪の大会になりそうだ。

「西野ジャパンにまったく期待が持てない状況ですからね。W杯本大会前、最後のテストマッチとなったパラグアイ戦に勝利したとはいえ、相手はW杯出場を逃した上に若手中心の二軍半。しかもW杯に出場する日本人選手をケガさせてはいけないという雰囲気がアリアリで、プレッシャー緩々の中で勝っただけのこと。1次リーグ初戦の相手コロンビアの選手は、パラグアイの選手と比べてケタ外れに能力が高く、所属クラブもはるかに格上です。日本はコロンビアに続いて2戦目にセネガルと、3戦目にポーランドと戦うが、すべて<引き分けて勝ち点1を獲得しただけで番狂わせ>と思えるほどレベル差は歴然としている。残念ながら、1分け2敗に終わった前回のブラジルW杯よりも惨めな3戦全敗に終わる公算が大きいでしょう」(スポーツライター・平野史氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  3. 3

    青木会長も力不足 男子ツアーV賞金は1000万円でも高すぎる

  4. 4

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  5. 5

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  8. 8

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    どうする渋野 来季米ツアー切符「3つの方法」はすべて難関

もっと見る