ケプカ史上7人目の全米オープン連覇 窮地をパットでしのぐ

公開日: 更新日:

【全米オープン 最終日】

 昨年末に左手首を痛め、マスターズを欠場するなど4月末の復帰まで長くツアーを離脱していたブルックス・ケプカ(28)が、C・ストレンジ(1988、89年)以来、史上7人目の大会連覇を果たした。

 最終日は3オーバー首位タイにケプカ、D・ジョンソンら4選手が並び、1打差5位にJ・ローズ、2打差6位にH・ステンソン、3打差7位にP・リードと上位にメジャーチャンピオンがずらりと顔をそろえ、優勝の行方は混沌としていた。

 そんな状況でケプカは2番6メートル、3番1メートルの連続バーディーを奪っていち早く単独トップに躍り出て、前半は3バーディー、1ボギーで回り1オーバーでターン。

 この日は、グリーンに水をまいてボールが止まりやすくなったこともあり、最終組から13組前でプレーしたT・フリートウッド(27=英国)が8バーディー、1ボギーの大会レコードタイの63をマークして、先に通算2オーバーでホールアウト。このスコアが後続組に重圧をかけていった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  4. 4

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  5. 5

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  8. 8

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

もっと見る