ケプカ史上7人目の全米オープン連覇 窮地をパットでしのぐ

公開日:

【全米オープン 最終日】

 昨年末に左手首を痛め、マスターズを欠場するなど4月末の復帰まで長くツアーを離脱していたブルックス・ケプカ(28)が、C・ストレンジ(1988、89年)以来、史上7人目の大会連覇を果たした。

 最終日は3オーバー首位タイにケプカ、D・ジョンソンら4選手が並び、1打差5位にJ・ローズ、2打差6位にH・ステンソン、3打差7位にP・リードと上位にメジャーチャンピオンがずらりと顔をそろえ、優勝の行方は混沌としていた。

 そんな状況でケプカは2番6メートル、3番1メートルの連続バーディーを奪っていち早く単独トップに躍り出て、前半は3バーディー、1ボギーで回り1オーバーでターン。

 この日は、グリーンに水をまいてボールが止まりやすくなったこともあり、最終組から13組前でプレーしたT・フリートウッド(27=英国)が8バーディー、1ボギーの大会レコードタイの63をマークして、先に通算2オーバーでホールアウト。このスコアが後続組に重圧をかけていった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る