2勝目狙うD・ジョンソン セーフティープレーで首位キープ

公開日:  更新日:

【全米オープン】

 D・ジョンソン(33)といえば196センチの長身から放つ300ヤード超ドライブが代名詞だが、この日の平均飛距離は291.1ヤード。前日の322ヤードより30ヤード以上も抑えた。86%(14分の12)のフェアウエーキープ率が示すように、方向性を重視したマネジメントに徹して距離を落とし深いラフを避けた。

 イン発進の前半は11、16番でスコアを2つ伸ばす。折り返した直後の1番は第2打が左ガードバンカーにつかまり3メートルのパーパットを外したが、この日のボギーはここだけ。4番で2.5メートルのバーディーパットを沈めてすぐに取り返すと、圧巻は7番のロングパットだ。ピンの右15メートルに乗せた下りの難しいパットを絶妙な距離感でカップイン。同組のT・ウッズは呆れたように笑った。67のラウンドで通算4アンダー。全選手で唯一のアンダーパーで2016年以来の2勝目が見えてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  8. 8

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  9. 9

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る