松山英樹が決勝ラウンド進出 我慢のパープレーで26位浮上

公開日:  更新日:

【全米オープン】

 午前中に降った雨でグリーンはウエットになり、前日のような強風が吹かなかった大会2日目。

 タフなシネコックヒルズでは珍しく絶好なコンディションだけに5オーバー46位タイ発進の松山英樹(26)は、もう少しスコアを伸ばしておきたかったはずだ。

 フェアウエーを外したのは2ホールだけとドライバーは安定していた。

 だが、ポアナ芝の交じったベントグリーンはライン読みが難しく、さらにグリーン面が白くボールの転がりが速そうに見える錯覚がタッチにも影響した。

 出だし1番パー4はグリーン手前に乗っただけでピンまで25メートル。ファーストパットは2メートルもショートして、パーパットを外してボギーが先行した。

 6番で5メートルのバーディーパットを決めてスタート時のスコアに戻したが、続く7番パー3でトラブル。「あと1ヤード先に落ちていれば1ピンについた」(松山)はずだったが、ボールは傾斜を転がりグリーン左サイドの芝に若干沈んでしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  8. 8

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  9. 9

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る