松山英樹が決勝ラウンド進出 我慢のパープレーで26位浮上

公開日: 更新日:

【全米オープン】

 午前中に降った雨でグリーンはウエットになり、前日のような強風が吹かなかった大会2日目。

 タフなシネコックヒルズでは珍しく絶好なコンディションだけに5オーバー46位タイ発進の松山英樹(26)は、もう少しスコアを伸ばしておきたかったはずだ。

 フェアウエーを外したのは2ホールだけとドライバーは安定していた。

 だが、ポアナ芝の交じったベントグリーンはライン読みが難しく、さらにグリーン面が白くボールの転がりが速そうに見える錯覚がタッチにも影響した。

 出だし1番パー4はグリーン手前に乗っただけでピンまで25メートル。ファーストパットは2メートルもショートして、パーパットを外してボギーが先行した。

 6番で5メートルのバーディーパットを決めてスタート時のスコアに戻したが、続く7番パー3でトラブル。「あと1ヤード先に落ちていれば1ピンについた」(松山)はずだったが、ボールは傾斜を転がりグリーン左サイドの芝に若干沈んでしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  4. 4

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  5. 5

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  8. 8

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  9. 9

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る