松山英樹が決勝ラウンド進出 我慢のパープレーで26位浮上

公開日: 更新日:

【全米オープン】

 午前中に降った雨でグリーンはウエットになり、前日のような強風が吹かなかった大会2日目。

 タフなシネコックヒルズでは珍しく絶好なコンディションだけに5オーバー46位タイ発進の松山英樹(26)は、もう少しスコアを伸ばしておきたかったはずだ。

 フェアウエーを外したのは2ホールだけとドライバーは安定していた。

 だが、ポアナ芝の交じったベントグリーンはライン読みが難しく、さらにグリーン面が白くボールの転がりが速そうに見える錯覚がタッチにも影響した。

 出だし1番パー4はグリーン手前に乗っただけでピンまで25メートル。ファーストパットは2メートルもショートして、パーパットを外してボギーが先行した。

 6番で5メートルのバーディーパットを決めてスタート時のスコアに戻したが、続く7番パー3でトラブル。「あと1ヤード先に落ちていれば1ピンについた」(松山)はずだったが、ボールは傾斜を転がりグリーン左サイドの芝に若干沈んでしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  3. 3

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  7. 7

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  8. 8

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

もっと見る