羽川豊
著者のコラム一覧
羽川豊プロゴルファー

1957年栃木県出身。79年日本学生ゴルフ選手権優勝。翌80年にプロテストに合格すると、ルーキーイヤーの81年は日本オープン、日本シリーズに優勝。同年代の湯原信光、倉本昌弘とともに「ニューウェーブ三羽烏」と呼ばれた。82年にはメジャーのマスターズから招待され、初出場で15位。「世界最強レフティー」と絶賛された。現在はシニアツアーでプレー。テレビ解説者としても活躍している。

松山も 過酷なメジャー経験すれば強いメンタルが身に付く

公開日: 更新日:
最終日に66をマークし、メジャーの戦いに慣れてきた松山(C)共同通信社

 ブルックス・ケプカが29年ぶりとなる大会連覇を遂げた今年の全米オープンは、優勝スコアが1オーバーと久しぶりに過酷な試合になりました。

 14年ぶりにシネコックヒルズGC(米ニューヨーク州)に戻ってきましたが、当時より449ヤードも距離が長くなって、…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  2. 2

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  3. 3

    原巨人ドラ2異例の先物買い 次期阿部政権への置き土産?

  4. 4

    安倍晋三を擁護してきた連中も泥舟と一緒に沈めなければ

  5. 5

    GoTo延長の菅政権に聞かせたい米シンクタンク“日本の評価”

  6. 6

    高倉健さんが結婚祝いにロレックスの腕時計を届けてくれた

  7. 7

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  8. 8

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  9. 9

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  10. 10

    LiSAは「鬼滅」だけじゃない 紅白をさらに楽しむ“必聴3曲”

もっと見る