セネガル戦は苦戦必至 日本のキーマンとリスク回避策は?

公開日: 更新日:

 日本が2戦目(日本時間25日)に対戦するセネガルは、世界トップレベルのサイドアタッカーのFWマネ(26=リバプール)などの個人技を生かした攻撃の印象が強い。が、ポーランドを2―1で下した試合は「組織的な堅守と速さが目立ちました」とドイツサッカー協会公認S級コーチの鈴木良平氏は指摘する。

 1人が抜かれても2、3人目がすぐにサポート。195センチのDFクリバリ(26=ナポリ)、196センチのMFサネ(27=ハノーバー)ら、高さでもポーランドの「壁」となった。前出の鈴木氏が続ける。

「4バックでスタートし、1点を先制した後は最終ラインに5人を並べる5バックに変更。ポーランドの絶対的エース、レバンドフスキ(29=Bミュンヘン)にほとんど仕事をさせませんでした。次戦、日本の攻撃陣でキーマンになるのは、香川、乾、大迫、柴崎。この4人のコンビネーションで崩すしかない。特にアイデアが豊富な香川だけは外してはいけません。この日も本田と交代してベンチに下がった途端、乾が孤立してしまい、周辺も機能不全に陥った。本田の運動量が少ないため、前線の大迫は1人で走り回ることになる。セネガルの堅守をこじ開けるために必要なのは香川。本田ではありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  3. 3

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る