メッシやネイは初戦不発 C・ロナウド2戦4発絶好調のワケ

公開日:

 この男の勢いが止まらない。

 初戦のスペイン戦で大会史上最年長ハットトリックを決めたポルトガルのエースFW、C・ロナウド(33=Rマドリード)が、第2戦のモロッコ戦でまた決めた。

 前半4分、右ショートコーナーからのクロスを相手DF4人の間をすり抜けてダイビングヘッド。豪快にネットに突き刺した。モロッコのルナール監督は前日、「凄過ぎてロナウド対策はムダ。できる限りのことをするしかない」と話していたが、その通りの結果となった。

 得点王レースの単独トップに立つ4点目。ポルトガルは前回果たせなかった1次リーグ突破へ大きく前進した。

「3大スター」といわれるアルゼンチンのFWメッシ(30=バルセロナ)、ブラジルのFWネイマール(26=パリ・サンジェルマン)は初戦でいずれも無得点。精彩を欠いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  8. 8

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  9. 9

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る