• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

貴乃花一門“完全消滅”で「阿武松グループ」の処遇どうなる

 これも自業自得ではないか。理事を解任された揚げ句、弟子の暴行事件などによってヒラの年寄に降格させられていた貴乃花親方(45)。

 4月に貴乃花一門の名称変更を申し出ただけでなく、今回、一門を離脱して無所属になる意思を固めたことで貴乃花一門はおそらく完全に消滅することになる。「貴乃花」の看板が消えるばかりか、当人が離脱するため実体までなくなってしまうからだ。

 一門から新たに理事になった阿武松親方(56)を中心に「阿武松グループ」として再出発するという報道も、中にはあった。

 彼らが自分たちで勝手に「阿武松グループ」を名乗るのは自由だが、看板も実体もなくなった集団が相撲協会内部で認知されるとは思えない。

■所属する親方はどうなる?

 そもそも貴乃花グループが2014年、一門として認知されたのは当時の北の湖理事長の鶴の一声によるもの。「貴乃花一門なんてはじめから存在しない。一門は出羽海、二所ノ関、高砂、時津風、伊勢ケ浜の5つだけだ」と、今もかたくなに主張する重鎮もいるほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る