貴乃花一門“完全消滅”で「阿武松グループ」の処遇どうなる

公開日:

 これも自業自得ではないか。理事を解任された揚げ句、弟子の暴行事件などによってヒラの年寄に降格させられていた貴乃花親方(45)。

 4月に貴乃花一門の名称変更を申し出ただけでなく、今回、一門を離脱して無所属になる意思を固めたことで貴乃花一門はおそらく完全に消滅することになる。「貴乃花」の看板が消えるばかりか、当人が離脱するため実体までなくなってしまうからだ。

 一門から新たに理事になった阿武松親方(56)を中心に「阿武松グループ」として再出発するという報道も、中にはあった。

 彼らが自分たちで勝手に「阿武松グループ」を名乗るのは自由だが、看板も実体もなくなった集団が相撲協会内部で認知されるとは思えない。

■所属する親方はどうなる?

 そもそも貴乃花グループが2014年、一門として認知されたのは当時の北の湖理事長の鶴の一声によるもの。「貴乃花一門なんてはじめから存在しない。一門は出羽海、二所ノ関、高砂、時津風、伊勢ケ浜の5つだけだ」と、今もかたくなに主張する重鎮もいるほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る