貴乃花一門“完全消滅”で「阿武松グループ」の処遇どうなる

公開日: 更新日:

 これも自業自得ではないか。理事を解任された揚げ句、弟子の暴行事件などによってヒラの年寄に降格させられていた貴乃花親方(45)。

 4月に貴乃花一門の名称変更を申し出ただけでなく、今回、一門を離脱して無所属になる意思を固めたことで貴乃花一門はおそらく完全に消滅することになる。「貴乃花」の看板が消えるばかりか、当人が離脱するため実体までなくなってしまうからだ。

 一門から新たに理事になった阿武松親方(56)を中心に「阿武松グループ」として再出発するという報道も、中にはあった。

 彼らが自分たちで勝手に「阿武松グループ」を名乗るのは自由だが、看板も実体もなくなった集団が相撲協会内部で認知されるとは思えない。

■所属する親方はどうなる?

 そもそも貴乃花グループが2014年、一門として認知されたのは当時の北の湖理事長の鶴の一声によるもの。「貴乃花一門なんてはじめから存在しない。一門は出羽海、二所ノ関、高砂、時津風、伊勢ケ浜の5つだけだ」と、今もかたくなに主張する重鎮もいるほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  3. 3

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る