宿敵ドイツ敗退も…ネイマール完全復調に世界のファン安堵

公開日:

 ロシアW杯1次リーグE組は王国ブラジルが余裕で1位通過してセルビア、スイス、コスタリカが「ダンゴ状態になって2位を争う」というのが大会前の予想だった。

 ところがブラジルが初戦でスイスと引き分けてしまい、混戦模様に拍車をかけた。それでも1勝1分けのブラジルは、日本時間28日午前3時開始のセルビア戦を「引き分け以上」で1次リーグ突破が確定する。序盤こそ「勝ち点3が突破の絶対条件」のセルビアが攻勢を強めたが、ブラジルが高い個人技でうまくいなしながらペースを握っていき、前半36分に待望の先取点をゲットした。

■試合の流れを変える絶妙トラップ

 セントラルMFのコウチーニョ(26=バルセロナ)が、DFの頭上をフワリと越えていく技ありパスを送り、走り込んだMFパウリーニョ(29=バルセロナ)が、飛び出したGKの鼻先で右足をグイッと伸ばし、チョン蹴りしたボールは、GKの頭越しにゴールに吸い込まれていった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  5. 5

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  6. 6

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  9. 9

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る