宿敵ドイツ敗退も…ネイマール完全復調に世界のファン安堵

公開日:

 ロシアW杯1次リーグE組は王国ブラジルが余裕で1位通過してセルビア、スイス、コスタリカが「ダンゴ状態になって2位を争う」というのが大会前の予想だった。

 ところがブラジルが初戦でスイスと引き分けてしまい、混戦模様に拍車をかけた。それでも1勝1分けのブラジルは、日本時間28日午前3時開始のセルビア戦を「引き分け以上」で1次リーグ突破が確定する。序盤こそ「勝ち点3が突破の絶対条件」のセルビアが攻勢を強めたが、ブラジルが高い個人技でうまくいなしながらペースを握っていき、前半36分に待望の先取点をゲットした。

■試合の流れを変える絶妙トラップ

 セントラルMFのコウチーニョ(26=バルセロナ)が、DFの頭上をフワリと越えていく技ありパスを送り、走り込んだMFパウリーニョ(29=バルセロナ)が、飛び出したGKの鼻先で右足をグイッと伸ばし、チョン蹴りしたボールは、GKの頭越しにゴールに吸い込まれていった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  6. 6

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  7. 7

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  8. 8

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  9. 9

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る