• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

宿敵ドイツ敗退も…ネイマール完全復調に世界のファン安堵

 ロシアW杯1次リーグE組は王国ブラジルが余裕で1位通過してセルビア、スイス、コスタリカが「ダンゴ状態になって2位を争う」というのが大会前の予想だった。

 ところがブラジルが初戦でスイスと引き分けてしまい、混戦模様に拍車をかけた。それでも1勝1分けのブラジルは、日本時間28日午前3時開始のセルビア戦を「引き分け以上」で1次リーグ突破が確定する。序盤こそ「勝ち点3が突破の絶対条件」のセルビアが攻勢を強めたが、ブラジルが高い個人技でうまくいなしながらペースを握っていき、前半36分に待望の先取点をゲットした。

■試合の流れを変える絶妙トラップ

 セントラルMFのコウチーニョ(26=バルセロナ)が、DFの頭上をフワリと越えていく技ありパスを送り、走り込んだMFパウリーニョ(29=バルセロナ)が、飛び出したGKの鼻先で右足をグイッと伸ばし、チョン蹴りしたボールは、GKの頭越しにゴールに吸い込まれていった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る