宿敵ドイツ敗退も…ネイマール完全復調に世界のファン安堵

公開日: 更新日:

 ロシアW杯1次リーグE組は王国ブラジルが余裕で1位通過してセルビア、スイス、コスタリカが「ダンゴ状態になって2位を争う」というのが大会前の予想だった。

 ところがブラジルが初戦でスイスと引き分けてしまい、混戦模様に拍車をかけた。それでも1勝1分けのブラジルは、日本時間28日午前3時開始のセルビア戦を「引き分け以上」で1次リーグ突破が確定する。序盤こそ「勝ち点3が突破の絶対条件」のセルビアが攻勢を強めたが、ブラジルが高い個人技でうまくいなしながらペースを握っていき、前半36分に待望の先取点をゲットした。

■試合の流れを変える絶妙トラップ

 セントラルMFのコウチーニョ(26=バルセロナ)が、DFの頭上をフワリと越えていく技ありパスを送り、走り込んだMFパウリーニョ(29=バルセロナ)が、飛び出したGKの鼻先で右足をグイッと伸ばし、チョン蹴りしたボールは、GKの頭越しにゴールに吸い込まれていった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  4. 4

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  5. 5

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  8. 8

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  9. 9

    Cocomi&Koki,自宅からインスタライブで“匂わせ家族”加速

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る