過去には1年間出場停止も 片山晋呉の処分「甘すぎる」の声

公開日: 更新日:

 さらに菅野氏はこう続ける。

「かつて南海(現ソフトバンク)ホークスの監督だった鶴岡一人氏は『グランドにはゼニが落ちている』といった。プロゴルファーに置き換えれば、『トーナメントコースには札束が落ちている』ということでしょう。しかし、コースにお金は落ちていない。賞金を出しているのは大会スポンサーです。スポンサーが重視するプロアマ戦を軽視することは、スポンサーを侮辱すると同時に、ツアープロがなぜ生活できているのかを理解していないからです。片山はツアープロの資格を剥奪されてもおかしくないことをやった。それが30万円の制裁金と厳重注意というのは甘すぎます」

 片山はプロアマの最初のホールで同組のアマチュアのプレー中やプレー後に、承諾を得ずにパット練習をするなど、不適切な対応でアマチュアに不愉快な思いをさせた。

 すでに、当面のツアー出場の自粛を発表している片山はこの日の会見で「このたびは同伴競技者の方に対し、非常に申し訳ありませんでした。自分の至らなかった点を反省し、やるべきことを見極めてゴルフ人生の糧にしていきたい。今回はこのような騒動になり申し訳ございませんでした」と謝罪したが、人気低迷の男子プロはファンだけでなく、スポンサーからも見限られることになるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  7. 7

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  8. 8

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る