• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

独得点王レバンドフスキは日本W杯16強進出“最大の立役者”

 この男の体たらくも、結果的に日本の決勝T進出をアシストした。ポーランドのエースストライカーであるFWレバンドフスキ(29=Bミュンヘン)のことだ。

 この日もプレーに精彩を欠き、放ったシュートはわずか2本。後半には右からのクロスに吉田と競り合いながら右足で合わせたが、シュートは大きく枠を外れた。日本戦を前にレバンドフスキは自国メディアの取材に「3連敗で終わるわけにはいかない。チームが一丸となる必要がある」と決意を口にしながら、守備はチームメート任せ。前線では日本のDF陣にプレッシャーを与えることさえしなかった。

 独ブンデスリーガの得点王で、W杯欧州予選では史上最多の16得点をマーク。今大会の得点王候補に挙げられたが、1次リーグ3試合でノーゴール。全シュート数9本のうち、枠内に放ったのは3本だけ。自国サポーターのみならず、ゴール量産を期待した世界中のファンを落胆させて大会を去った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  10. 10

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

もっと見る