独得点王レバンドフスキは日本W杯16強進出“最大の立役者”

公開日: 更新日:

 この男の体たらくも、結果的に日本の決勝T進出をアシストした。ポーランドのエースストライカーであるFWレバンドフスキ(29=Bミュンヘン)のことだ。

 この日もプレーに精彩を欠き、放ったシュートはわずか2本。後半には右からのクロスに吉田と競り合いながら右足で合わせたが、シュートは大きく枠を外れた。日本戦を前にレバンドフスキは自国メディアの取材に「3連敗で終わるわけにはいかない。チームが一丸となる必要がある」と決意を口にしながら、守備はチームメート任せ。前線では日本のDF陣にプレッシャーを与えることさえしなかった。

 独ブンデスリーガの得点王で、W杯欧州予選では史上最多の16得点をマーク。今大会の得点王候補に挙げられたが、1次リーグ3試合でノーゴール。全シュート数9本のうち、枠内に放ったのは3本だけ。自国サポーターのみならず、ゴール量産を期待した世界中のファンを落胆させて大会を去った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  3. 3

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  6. 6

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  7. 7

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  8. 8

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  9. 9

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  10. 10

    転落に巻き添えで女子大生死亡…遺族は補償を受けられるか

もっと見る