41年ぶりメジャーV挑む 畑岡奈紗“ピョンピョン打法”の効果

公開日: 更新日:

【全米女子プロ選手権】

 前週、米女子ツアー初優勝を果たした畑岡奈紗(19)が、今季メジャー3戦目の全米女子プロでも好調をキープしている。

 イン発進の初日は10番、11番の連続バーディーと好スタートを切った。前半は16番で初ボギーを叩くも、18番バーディーですぐに取り戻して2アンダーで折り返した。

 アウトはこの日2度目となる2番、3番の連続バーディーを奪い、上位グループに顔を並べたが、直後に連続ボギーとチグハグ。8番でバーディーを決めて3アンダーでホールアウトした。

 米ツアーでの日本人最年少優勝、2位に6打差をつけての圧勝。さらに大会レコード更新と記録ずくめの快挙に、「メジャーの前に勝てたのは大きな自信になる」と疲れ知らずの10代は2週連続優勝へも「勝ちたい」と気持ちが前向きだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    京大教授藤井聡氏 大阪都構想は維新への信任投票ではない

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  4. 4

    いしだ壱成さんが語る「生活保護不正受給疑惑」報道の真相

  5. 5

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  6. 6

    タモリが「国民的スター」になる前の話 生き証人に聞いた

  7. 7

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  8. 8

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  9. 9

    白石麻衣10.28乃木坂卒業で注目 ソロ活動と恋愛解禁Xデー

  10. 10

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

もっと見る