• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

スペインから金星 ロシア“下克上”を支える無尽蔵の持久力

 開催国ロシアが番狂わせを演じた。

 優勝候補のスペイン相手に前半12分、フリーキックからオウンゴールで先制を許す。ルジニキ・スタジアムを埋め尽くした地元サポーターからは悲鳴のような叫び声が上ったが、40分すぎに相手のハンドで得たPKをFWジュバ(29=アルセナル)が決めて同点に追いついた。

 後半はスペインの小刻みなパス回しに持ち前のスタミナで対抗、若手MFゴロビン(22=CSKAモスクワ)らが攻守にわたって機動力を発揮した。

 GKアキンフェーフ(32=CSKAモスクワ)のファインセーブもあってスペインにゴールを割らせない。今大会初の延長戦にもつれ、足がつって倒れ込む選手が続出しながらも、最後まで運動量は落ちなかった。スペインに終始、ボールを支配されながらも必死に食い下がり、最後はPK戦を制して8強入りを決めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る