決勝T進出のロシアに衝撃 代表候補DFにドーピング隠蔽疑惑

公開日: 更新日:

「やっぱりか~」とため息を漏らした人も多いのではないか。

 国の組織的なドーピング問題を告発した、元ロシア検査機関所長のロドチェンコ氏が、W杯ロシア大会で同国代表候補だったDFカムボロフ(28=ルビン)について、「ドーピング違反が隠蔽された」と明らかにした。カムボロフは2015年に禁止物質のステロイド剤に陽性反応を示したが、連邦保安局によって検体が正常なものとすり替えられ、発覚を逃れたという。

 代表候補28人に入っていたカムボロフだが、負傷を理由に最終メンバー23人には選ばれなかった。以前から疑いの目を向けられていたようだが、違反の認定には証拠不十分と国際サッカー連盟(FIFA)は結論付けていた。

 ロシアをめぐっては国家ぐるみのドーピング違反が発覚。16年リオ、今年2月の平昌と五輪2大会で選手の出場制限を科された。また、両五輪の大会期間中にも違反者を出し、信用は失墜していた。

 このW杯では“最弱開催国”と揶揄されながら初戦のサウジアラビアには5―0、2戦目のエジプトには3―1と下馬評を覆す快進撃で決勝トーナメント進出が確定。今回の「隠蔽発言」は盛り上がるロシアイレブンやサポーターに水を差すことになったが、今ごろ、戦々恐々としている選手がいたりして……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  4. 4

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  5. 5

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  8. 8

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

もっと見る