• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

決勝T進出のロシアに衝撃 代表候補DFにドーピング隠蔽疑惑

「やっぱりか~」とため息を漏らした人も多いのではないか。

 国の組織的なドーピング問題を告発した、元ロシア検査機関所長のロドチェンコ氏が、W杯ロシア大会で同国代表候補だったDFカムボロフ(28=ルビン)について、「ドーピング違反が隠蔽された」と明らかにした。カムボロフは2015年に禁止物質のステロイド剤に陽性反応を示したが、連邦保安局によって検体が正常なものとすり替えられ、発覚を逃れたという。

 代表候補28人に入っていたカムボロフだが、負傷を理由に最終メンバー23人には選ばれなかった。以前から疑いの目を向けられていたようだが、違反の認定には証拠不十分と国際サッカー連盟(FIFA)は結論付けていた。

 ロシアをめぐっては国家ぐるみのドーピング違反が発覚。16年リオ、今年2月の平昌と五輪2大会で選手の出場制限を科された。また、両五輪の大会期間中にも違反者を出し、信用は失墜していた。

 このW杯では“最弱開催国”と揶揄されながら初戦のサウジアラビアには5―0、2戦目のエジプトには3―1と下馬評を覆す快進撃で決勝トーナメント進出が確定。今回の「隠蔽発言」は盛り上がるロシアイレブンやサポーターに水を差すことになったが、今ごろ、戦々恐々としている選手がいたりして……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る