決勝T進出のロシアに衝撃 代表候補DFにドーピング隠蔽疑惑

公開日:

「やっぱりか~」とため息を漏らした人も多いのではないか。

 国の組織的なドーピング問題を告発した、元ロシア検査機関所長のロドチェンコ氏が、W杯ロシア大会で同国代表候補だったDFカムボロフ(28=ルビン)について、「ドーピング違反が隠蔽された」と明らかにした。カムボロフは2015年に禁止物質のステロイド剤に陽性反応を示したが、連邦保安局によって検体が正常なものとすり替えられ、発覚を逃れたという。

 代表候補28人に入っていたカムボロフだが、負傷を理由に最終メンバー23人には選ばれなかった。以前から疑いの目を向けられていたようだが、違反の認定には証拠不十分と国際サッカー連盟(FIFA)は結論付けていた。

 ロシアをめぐっては国家ぐるみのドーピング違反が発覚。16年リオ、今年2月の平昌と五輪2大会で選手の出場制限を科された。また、両五輪の大会期間中にも違反者を出し、信用は失墜していた。

 このW杯では“最弱開催国”と揶揄されながら初戦のサウジアラビアには5―0、2戦目のエジプトには3―1と下馬評を覆す快進撃で決勝トーナメント進出が確定。今回の「隠蔽発言」は盛り上がるロシアイレブンやサポーターに水を差すことになったが、今ごろ、戦々恐々としている選手がいたりして……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る