決勝T進出のロシアに衝撃 代表候補DFにドーピング隠蔽疑惑

公開日: 更新日:

「やっぱりか~」とため息を漏らした人も多いのではないか。

 国の組織的なドーピング問題を告発した、元ロシア検査機関所長のロドチェンコ氏が、W杯ロシア大会で同国代表候補だったDFカムボロフ(28=ルビン)について、「ドーピング違反が隠蔽された」と明らかにした。カムボロフは2015年に禁止物質のステロイド剤に陽性反応を示したが、連邦保安局によって検体が正常なものとすり替えられ、発覚を逃れたという。

 代表候補28人に入っていたカムボロフだが、負傷を理由に最終メンバー23人には選ばれなかった。以前から疑いの目を向けられていたようだが、違反の認定には証拠不十分と国際サッカー連盟(FIFA)は結論付けていた。

 ロシアをめぐっては国家ぐるみのドーピング違反が発覚。16年リオ、今年2月の平昌と五輪2大会で選手の出場制限を科された。また、両五輪の大会期間中にも違反者を出し、信用は失墜していた。

 このW杯では“最弱開催国”と揶揄されながら初戦のサウジアラビアには5―0、2戦目のエジプトには3―1と下馬評を覆す快進撃で決勝トーナメント進出が確定。今回の「隠蔽発言」は盛り上がるロシアイレブンやサポーターに水を差すことになったが、今ごろ、戦々恐々としている選手がいたりして……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  2. 2

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  3. 3

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  4. 4

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  5. 5

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  6. 6

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  7. 7

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  8. 8

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  9. 9

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  10. 10

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る