• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

岸や雄星は恩恵受けるも…「2段モーション」は投手を選ぶ

 リーグトップ10勝(3敗)の広島・大瀬良大地(27)、8勝1敗でもっか7連勝中の楽天・岸孝之(33)。この2人には共通点がある。今季から解禁された「2段モーション」の恩恵を受けているのだ。

 岸は両リーグ唯一の防御率1点台(1・80)。13試合の登板で与四死球はわずか15個と制球もいい。昨季は26試合で8勝10敗(防御率2・76)。すでに前年の勝ち星に到達したことになる。森山投手コーチも「2段(モーション)がOKになったおかげで投げ急ぎがなくなって、投げやすくなったんじゃないかと思う。気持ち的な焦りもなくなって、コントロールも安定してきた」と証言している。

 冒頭の2人以外に「2段モーションの使い手」として好成績を残しているのが、西武・菊池雄星(27)。先月29日の楽天戦で黒星がつくまで今季8勝無敗だった。5月に40代での完封勝利を収めた中日・山井大介(40)も投げ急ぎが減り、このルールが「吉」と出ている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  7. 7

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  8. 8

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  9. 9

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  10. 10

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

もっと見る