復活期すも稽古半端 稀勢の里に白鵬へ“弟子入り”のススメ

公開日:

 たった1日の稽古が特効薬になるかどうか。

 昨2日、誰もが予期しなかった稀勢の里(32)と白鵬(33)の“横綱対決”が行われた。

 場所はともに出稽古に赴いた先の九重部屋。稀勢の里は三番稽古で2勝8敗と苦戦するも、「目が覚めたような感じ」と、昨年春場所前以来となる白鵬との稽古に手応えを得た様子だった。

 しかし、だからといってここから稀勢の里の状態が上向きになるかは、また別の話だ。先月29、30日に行われた二所ノ関一門の連合稽古では、前頭15枚目の竜電と新入幕の琴恵光と相撲を取っただけ。稽古を見守った鳴戸親方(元大関琴欧洲)は、あまりの物足りなさに「中途半端。体に砂が付いてないでしょ」と話し、「プライドをのみ込んで初心に戻らないと……」と、心構えに疑問を呈していた。

 満足に稽古もしていないにもかかわらず、連合稽古明けの去る1日は休養。体力はもとより、相撲勘もすっかりさび付いた。白鵬と稽古をしたところで、たった1日では何も変わりようがない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  6. 6

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  9. 9

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  10. 10

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

もっと見る