ベルギー戦大逆転負けの裏に…西野監督が語った2つの後悔

公開日:

 ベースキャンプ地のカザンに戻った日本代表。西野朗監督(63)が報道陣の取材に応じ、2つの後悔を口にした。

 大会を振り返り、記者から「後悔は?」と聞かれると、「あります」と即答してこう続けた。

「3つ目の試合とか、昨日の戦い方とか。後悔しますね」

 3つ目の試合とは言うまでもなく、1次リーグのポーランド戦。リードされている展開にもかかわらず、終盤の10分間をパス回しによる時間稼ぎに費やした。試合後に「不本意な選択」と話していた指揮官はこの日、改めて世界中から酷評された問題の場面に言及。それが、決勝トーナメント1回戦のベルギー戦での采配にも影響したことを認めた。

「取り返しというか、そういう気持ちもあった」

 欧州最強ベルギー相手に2点を先制しながら、追加点を狙いにいった攻撃的采配が裏目に出た。選手が前がかりになったことで、一気に3失点。大逆転負けを食らった裏には、姑息なパス回しによるブーイングから日本と自分のイメージを回復したいという思いがあったというわけだ。

 これが、2つ目の後悔である。

 西野続投と報じるスポーツ紙が多い中、協会は後任監督の人選に動いている。後悔を取り返すチャンスは与えられそうにない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る