• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

お呼びでないマラドーナ氏…W杯観戦も奇行のオンパレード

 本人が望んでも……という話ではある。

 元アルゼンチン代表で世界的英雄のディエゴ・マラドーナ氏(57)が、ベネズエラのテレビ局の番組で「報酬はなくていい。見返りも求めない。神がベンチに戻してくれることを望んでいる」と発言。母国の代表監督復帰に意欲を見せた。

 が、希代の天才選手にして伝説のスキャンダル男。観戦に訪れていたこのロシアW杯でも、奇行のオンパレードだった。スタンドから身を乗り出して関係者に押しとどめられたり、禁煙席で葉巻を吸ったり、ピッチに向かって両手の中指を立てて批判されたり。元イングランド代表FWのリネカーに「物笑いの種」と苦言を呈されている。母国が1次リーグ突破を決めたナイジェリア戦では、興奮のあまり貧血でダウンし、医務室に運ばれる一幕もあった。

 マラドーナ氏は2010年南アW杯でアルゼンチン代表を率いて8強進出の実績があるとはいえ、その直後に協会と対立して解任されている。協会は、決勝トーナメント1回戦でフランスに敗れたアルゼンチン代表の再建を静かに見守って欲しいという心境だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る