お呼びでないマラドーナ氏…W杯観戦も奇行のオンパレード

公開日:

 本人が望んでも……という話ではある。

 元アルゼンチン代表で世界的英雄のディエゴ・マラドーナ氏(57)が、ベネズエラのテレビ局の番組で「報酬はなくていい。見返りも求めない。神がベンチに戻してくれることを望んでいる」と発言。母国の代表監督復帰に意欲を見せた。

 が、希代の天才選手にして伝説のスキャンダル男。観戦に訪れていたこのロシアW杯でも、奇行のオンパレードだった。スタンドから身を乗り出して関係者に押しとどめられたり、禁煙席で葉巻を吸ったり、ピッチに向かって両手の中指を立てて批判されたり。元イングランド代表FWのリネカーに「物笑いの種」と苦言を呈されている。母国が1次リーグ突破を決めたナイジェリア戦では、興奮のあまり貧血でダウンし、医務室に運ばれる一幕もあった。

 マラドーナ氏は2010年南アW杯でアルゼンチン代表を率いて8強進出の実績があるとはいえ、その直後に協会と対立して解任されている。協会は、決勝トーナメント1回戦でフランスに敗れたアルゼンチン代表の再建を静かに見守って欲しいという心境だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る