八塚浩
著者のコラム一覧
八塚浩

1958年10月16日生まれ。千葉県出身。立教大学卒業後、ラジオ福島に入社してアナウンサー。88年に独立。91年にセリエAでプロサッカー実況のキャリアをスタート。欧州CLは94年から担当している。現在はスカパー!のセリエAとCL、Jスポーツのプレミアリーグ、DAZNのJリーグの実況など。W杯は02年日韓大会開幕戦、06年ドイツ大会準決勝、10年南ア大会決勝などを現地から実況した。

ヒディンクは言った 決勝Tを勝ち上がるには「豹変」が必要

公開日:  更新日:

 4日のロシアW杯決勝トーナメント1回戦でスウェーデンとイングランドが勝ち上がり、ついに8強が出そろいました。

 この中に開催国ロシアが含まれています。

 FIFA世界ランキングは70位。史上最弱の開催国といわれていましたが、スペインを破っての8強入りは、大いに誇っていいでしょう。

 敗者のスペインにしてみたら、ロシアとPK戦を戦いながら「2002年日韓W杯の苦い思い出」が、脳裏をかすめたのではないでしょうか。

 今から16年前。スペインは準々決勝で開催国の韓国と対戦しました。延長を終わって0―0。PK戦にもつれ込みました。今W杯直前にスペインを率いることになったイエロが1番手でした。彼は成功しましたが、4人目が失敗したことで敗退が決まりました。スペインにとって開催国とのPK戦は、間違いなく“失敗体験”しかありません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る