八塚浩
著者のコラム一覧
八塚浩

1958年10月16日生まれ。千葉県出身。立教大学卒業後、ラジオ福島に入社してアナウンサー。88年に独立。91年にセリエAでプロサッカー実況のキャリアをスタート。欧州CLは94年から担当している。現在はスカパー!のセリエAとCL、Jスポーツのプレミアリーグ、DAZNのJリーグの実況など。W杯は02年日韓大会開幕戦、06年ドイツ大会準決勝、10年南ア大会決勝などを現地から実況した。

ヒディンクは言った 決勝Tを勝ち上がるには「豹変」が必要

公開日:  更新日:

 4日のロシアW杯決勝トーナメント1回戦でスウェーデンとイングランドが勝ち上がり、ついに8強が出そろいました。

 この中に開催国ロシアが含まれています。

 FIFA世界ランキングは70位。史上最弱の開催国といわれていましたが、スペインを破っての8強入りは、大いに誇っていいでしょう。

 敗者のスペインにしてみたら、ロシアとPK戦を戦いながら「2002年日韓W杯の苦い思い出」が、脳裏をかすめたのではないでしょうか。

 今から16年前。スペインは準々決勝で開催国の韓国と対戦しました。延長を終わって0―0。PK戦にもつれ込みました。今W杯直前にスペインを率いることになったイエロが1番手でした。彼は成功しましたが、4人目が失敗したことで敗退が決まりました。スペインにとって開催国とのPK戦は、間違いなく“失敗体験”しかありません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る