注目のベルギーvsフランス戦は2人の「監督力」対決に注目

公開日:

 ベスト4が出そろったロシアW杯。開幕前から現地に入って取材を続けていると、開幕戦が遠い昔の出来事のように感じられるが、W杯はこれからがメインディッシュだ。

 4強は、フランス、ベルギー、イングランド、クロアチア。南米勢の全滅でヨーロッパ選手権の様相を呈しているが、10日にサンクトペテルブルクで行われるフランスとベルギーの一戦は、事実上の決勝戦と言われるほどの注目カードになった。

 ここまで順調な戦いぶりで勝ち上がってきた優勝候補フランスは、中盤から前線に若くて優秀なタレントを揃え、選手層では4強随一。今大会でブレークした19歳のFWエムバペは、早くもメッシ、ロナウド、ネイマールの「3大スターの後継者」と言われている。

 タレント軍団を束ねるデシャン監督の采配にも隙がない。現役時代の98年にW杯優勝を経験しているデシャン監督は、豊富な攻撃の駒を有しながら、あくまでも攻守のバランスを重視した手堅いサッカーで勝ち上がってきた。堅い守備から繰り出されるカウンターの威力も、ラウンド16のアルゼンチン戦で証明した通り。ここまで“石橋を叩いて渡る”堅実采配でチームを4強に導いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  8. 8

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  9. 9

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  10. 10

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

もっと見る