• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

W杯4強の優勝ボーナス 最高は日本下したベルギー5200万円

 準決勝進出を果たした4チームの優勝ボーナスが明らかになった。

 各国メディアの報道を総合すると、選手1人当たりが手にするボーナス額が最も高額なのは、決勝トーナメント1回戦で日本に逆転勝ちしたベルギーだ。準々決勝で王国ブラジルをも一蹴して実に32年ぶりの4強に駒を進めた「赤い悪魔」の異名を持つベルギーのボーナス額は約5200万円。これはフランス(約3400万円)、イングランド(約2800万円)の優勝経験のある2チームと比べてもダントツで、クロアチア(約2000万円)を大きく引き離している。

 今大会の「赤い悪魔」はFWルカク(25=マンチェスターU)、MFデブルイネ(27=マンチェスターC)、GKクルトワ(26=チェルシー)ら攻守ともに世界的な選手を抱えるタレント集団。戦術家として知られるロベルト・マルティネス監督(44=スペイン)が率いることから、ベルギー協会では勝算ありと踏んだのだろう。同国では過去最高額となるニンジンをぶら下げて、選手を鼓舞したようだ。

 今大会のW杯の優勝賞金は史上最高の41億8000万円。単純計算で、選手1人当たり約1億8000万円を手にする。

 ベルギーの選手の大半は欧州のビッグクラブに所属し、高給取りも少なくないとはいえ、ぶら下げられたニンジンに目の色を変えているに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る