W杯4強の優勝ボーナス 最高は日本下したベルギー5200万円

公開日:

 準決勝進出を果たした4チームの優勝ボーナスが明らかになった。

 各国メディアの報道を総合すると、選手1人当たりが手にするボーナス額が最も高額なのは、決勝トーナメント1回戦で日本に逆転勝ちしたベルギーだ。準々決勝で王国ブラジルをも一蹴して実に32年ぶりの4強に駒を進めた「赤い悪魔」の異名を持つベルギーのボーナス額は約5200万円。これはフランス(約3400万円)、イングランド(約2800万円)の優勝経験のある2チームと比べてもダントツで、クロアチア(約2000万円)を大きく引き離している。

 今大会の「赤い悪魔」はFWルカク(25=マンチェスターU)、MFデブルイネ(27=マンチェスターC)、GKクルトワ(26=チェルシー)ら攻守ともに世界的な選手を抱えるタレント集団。戦術家として知られるロベルト・マルティネス監督(44=スペイン)が率いることから、ベルギー協会では勝算ありと踏んだのだろう。同国では過去最高額となるニンジンをぶら下げて、選手を鼓舞したようだ。

 今大会のW杯の優勝賞金は史上最高の41億8000万円。単純計算で、選手1人当たり約1億8000万円を手にする。

 ベルギーの選手の大半は欧州のビッグクラブに所属し、高給取りも少なくないとはいえ、ぶら下げられたニンジンに目の色を変えているに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る