千代の国“大開脚”驚異の粘り腰 誕生日に高安から初白星

公開日:

 パワーVSスピードの押し相撲対決は、後者に軍配が上がった。

 10日、前頭2枚目の千代の国(28)が、自身初めて、大関高安を撃破した。

 怪力と立ち合いの圧力で鳴らす大関を、千代の国は持ち前の素早さで翻弄。土俵を所狭しと駆け巡り、高安を散々苦しめた。しかし、組み止められて下手投げを食らい、万事休す――と、誰もが思っただろう。千代の国はここで驚異の粘りを発揮。股を170度開いて投げをしのぐと、すっかり勝ったと思い込んで棒立ちの高安を小手投げでうっちゃった。

 インタビューでは息も荒く、「うれしいです。思い切っていった」と、満面の笑みを見せた千代の国は、この日が自身の誕生日。高安戦は過去4戦全敗と苦汁をなめてきただけに、記念すべき日になっただろう。

 根っからの格闘技好きで、子供の頃は父に空手を習い、中学時代は柔道部に所属。柔道では全国大会ベスト16入りを果たした。中学卒業後は父が大ファンだった千代の富士が親方を務める九重部屋へ。4歳上の兄も同部屋に入門しており、「千代の真」の四股名をもらっていた(2012年に引退)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る